S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-腕組ポーズ-スーパーサイヤ人

今回のS.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクスは、精神と時の部屋で修行した後のトランクスを再現した物です。
この姿の立体化自体が珍しいのですが、それがアクションフィギュアとして発売されるとは良い時代になったものですw
本レビューではこのフィギュアの特徴を押さえつつ、その魅力を伝えていきます!

Sponsored Link

トランクスについて

プロフィール

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-斜めアングル-スペック用
本名 トランクス
生年月日 地球暦エイジ766年
生まれ 地球
身長 170cm
体重 60kg
ベジータ
ブルマ

トランクスとは

トランクス(人造人間編 - 青年版)とは、未来の世界から来たベジータとブルマの息子です。
悟空たちのいる現代の時代から20年後の未来では悟空は心臓病で病死していて、ベジータやピッコロを始めとする戦士たちも人造人間達によって殺されているのです。

そんな絶望の未来を変えるために、未来からやって来たのがトランクスです。
息子というだけあってベジータ並の戦闘力を持っており、劇中では主力戦士として活躍しました。

今回はそのトランクスが精神と時の部屋での修行後、パワーアップした姿を商品化したS.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクスのレビューをします。

全身フォルム

まずは最初に、S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクスの全身フォルムから見ていきましょう。

フロント・リア

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-フロントアングル S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-リアアングル

サイド

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-レフトアングル S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-ライトアングル

関節を仕込んでいながら、全身の筋肉質な体型を精巧に再現しています。
また全身にスモークが吹かれており、よりリアルな雰囲気に仕上がっています。

ヘッドパーツ

通常トランクスを再現するための頭部が付属!

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-フェイス部分正面アングル-通常形態
S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-フェイス部分斜めアングル-通常形態
S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-フェイス部分サイドアングル-通常形態

さらに、スーパーサイヤ人の頭部と複数のフェイスパーツが付属します。

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-フェイス部分正面アングル-スーパーサイヤ人 S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-左目視線フェイス部分斜めアングル
S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-咆哮状態フェイス部分斜めアングル S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-咆哮状態フェイス部分サイドアングル

可動範囲 (アクション)

次に、可動範囲について見ていきます。

トップパーツ (肩、ヒジ、腰 etc...)

肩の可動範囲です。
肩関節は、胴体内部から関節を引出して前へと持ってくる事ができます。
肩そのものにも関節が施されており、可動の障害も無いのでスムーズに腕を上げれる事ができます。

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-肩関節の可動

ヒジは二重関節となっており、ポーズの幅を広げてくれるのに一役買っていますね。

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-ヒジ打ち-ヒジ関節可動

腰はボールジョイントで接続されています。
人間が持つ関節の構造上、本来はありえないですが、1回転させることが可能です。

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-腰の捻り

また胸部にも関節が仕込まれているため、上体反らしなどのポーズも自然な形で取れますよ。

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-上体反らし

手首部分はボールジョイントの他に前後に動かせる関節が仕込まれているため、ドラゴンボール独特のエネルギー弾を発射するポーズが取りやすくなっています。

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-エネルギー波発射-平手装着

首の可動範囲です。
S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 孫悟空のように、すぐに首が外れることは無くなりました。
また、頭部の取付口が広くなっているので上下左右に可動させやすくなっています。

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-上を向く頭部

左右の可動範囲は真横に向けれる程に広範なものになっています。

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-エネルギー波発射ポーズ

ボトムパーツ (股関節、ヒザ、足首)

股関節の可動範囲です。
180度開脚とまではいきませんが、120度程度までなら大丈夫です。
それによって、写真のようなハイキックポーズも可能です。

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-ハイキック-股関節の可動範囲

股関節の胴体取付口にロール軸が付いており、脚部を自然に前方へ出すことが出来ます!

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-蹴り上げ-股関節

ヒザは二重関節が仕込まれており、可動範囲が広くヒザ蹴り等のアクションポーズも自然に決まりますね。

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-膝蹴り-ヒザの可動範囲

足首の可動範囲です。
足首と脚部の受け軸が両方ともボールジョイント接続になっているため、関節に柔軟性があり設置がしやすくなっています。

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-足首の可動範囲

付属パーツ

パーツ一覧

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-パーツ一覧
【手首パーツ】
・平手 各2種×2
【交換用パーツ】
・通常トランクス再現ヘッドパーツ
・咆哮フェイスパーツ
・左目線フェイスパーツ
【オプションパーツ】
・腕組用パーツ

ベジータと同じく腕組用のパーツと様々な表情のフェイスパーツが付属。
また、通常形態トランクスを再現するためのヘッドパーツも付属しています。
ただ、通常形態用のヘッドパーツには、交換用のフェイスパーツはありません。

パーツ装着

パーツを装着して、トランクスのポーズを取っていきましょう。

腕組みして待機するトランクス!
腕組み状態のパーツを付ける事で、劇中のベジータとセルの戦いを見守るシーンが再現出来ます。

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-腕組ポーズ

連続エネルギー弾!

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-連続エネルギー弾のポーズ-平手装着

気功波 発射!!

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-両手でエネルギー波発射ポーズ-

他のS.H.Figuarts ドラゴンボールシリーズとの比較

S.H.Figuarts ベジータとの比較

同じスーツを着ているキャラクターですが、全く共通部分がありません。
トランクスはベジータの流用ではなく、完全新規造形のようです。
なので、ベジータよりも関節の形状が人間らしく自然な形になっています。

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 ベジータとの比較

S.H.Figuarts 孫悟空との比較

やはりシリーズ初期に発売した孫悟空とは、かなり可動範囲も仕上がりも違いますね。
顔の造形もトランクスの方が、よりアニメに近い顔立ちとなっています。

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 孫悟空との比較

GALLERY

最後にギャラリーでトランクスの劇中シーンを再現していきます!

※右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

以上で、S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクスのレビューを終わります。
パワーアップしたトランクスは、やはりカッコイイですね!

S.H.Figuarts スーパーサイヤ人 トランクス-外箱

同じスーツを着用しているS.H.Figuarts スーパーサイヤ人 ベジータに比べると、かなり筋肉質で関節の隙間も狭くなっていました。 顔もよりドラゴンボールキャラクターの特徴を押さえた造形となっていて、原作の雰囲気を楽しめるものとなっています。

私個人は人造人間編が好きなので、もっと人造人間編キャラクターを発売して欲しいところです!
人造人間20号や19号、他にもセルジュニアやヤムチャや天津飯も出して欲しいですね!!

今回のレビューはここで終わります。
それでは、次回をお楽しみに!

Sponsored Link