RG 機動戦士ガンダムUC MSN-06S シナンジュ 1/144スケール

RG-シナンジュ-戦闘態勢-演出

今回は、RG シナンジュの紹介をしたいと思います。

Sponsored Link

シナンジュについて

機体スペック

RG シナンジュ ビームライフル装備形態 (斜めアングル)
型式番号 MSN-06S
所属 ネオ・ジオン
生産形態 試作機
全高 22.6m
本体重量 25.2t
全備重量 56.9t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 3,240kW
パイロット フル・フロンタル

シナンジュとは

このシナンジュという機体は、機動戦士ガンダムUCに登場する主人公機のライバル機体で、シャアの再来と呼ばれる男であるフル・フロンタルの専用機です。
見た目のフォルムなどからサザビーの後継機のような外観をしていますが、実は本機はサザビーとvガンダムのハイブリッドと言える機体です。
本機の開発はアナハイムのvガンダム開発チームとサザビーの開発チームが共同して行いました。
そして、もう一つの設定として本機はユニコーンガンダムの試験機という側面も有しており、ガンダムタイプの機体ともいえます。
本機の改修前の姿はツインアイであり、装備もvガンダムと似ているのはそのためです。

今回は、ユニコーンガンダムのプロトタイプとも言えるRG シナンジュを紹介していきたいと思います。

全身フォルム

フロント・リア

RG-シナンジュ-全身 フロントサイド RG-シナンジュ-全身 リアサイド

サイド

RG-シナンジュ-全身 レフトサイド RG-シナンジュ-全身 ライトサイド

フェイス部アップ

かなり小さいですが、モノアイは可動式で再現しています。
(モノアイの動きに関しては、各部分展開ギミックのコーナーにて紹介しています。)

RG-シナンジュ-フェイス

胸部エングレービング

RG-シナンジュ-胸部のエンブレム

見た目に関してですが、塗装無しでこの装甲の質感は素晴らしいの一言ですね。
また、エングレービング部分の金の彩色部分は別パーツで再現されており、全体を通して非常に美しい色合いとなっております。
外見に関しては文句のつけようがありません。
しかし、パーツのポロリ率が非常に高いのが残念です。
組み立ている時やポーズを付けたりしている際にもポロリが激しく、よくイライラしていました...(短気の方は少し要注意ですw)

可動範囲 (アクション)

トップパーツ (肩、肘、腰)

肩は肩アーマーのパーツを上げることで、ここまで上がります。ただ、ここもよくポロリします。

RG-シナンジュ-肩関節の限界可動域

腕部のヒジ部分は、前腕部装甲がスライドすることで折りたたむことができます。
ただ、前腕部のエングレービング部分がよく外れます。なので、気になる方は接着することをお勧めします。
ちなみに、手首のエングレービング部分の接続自体も少し取れやすいのでご注意を。

RG-シナンジュ-肘関節の構造

腰の回転はこの角度が限界です。パーツの干渉でこれ以上は回りませんでした。

RG-シナンジュが腰を捻っている

ボトムパーツ (股関節、膝)

足は、かなりの角度で開く事ができます。180度開脚も可能です。

RG-シナンジュ-全開脚状態
RG-シナンジュ-股関節の構造

ヒザは、ヒザや太腿上部の装甲がスライドして曲がる仕組みになっており、深く曲げる事ができます。
言わば、二重関節になっているので正座のような体勢も可能となっています。
ただ、フロントアーマーの干渉で片ヒザ立ちは厳しいです。
腕部に続いて、このヒザ部分の装甲もかなりポロリしやすいので要注意を。

膝から崩れ落ちるRG シナンジュ RG-シナンジュ-片膝立ち

足首の可動です。
真ん中で関節が分割されており、設置性は高い方です。
ただ、可動とは関係ありませんが、つま先のパーツも頻繁にポロポロ取れるため、立たせて動かした後は常にパーツが落ちて紛失していないか気になりましたw
短気の方、パーツを失くしたくない人は接着することをお勧めします!! (正直、撮影中かなりイライラしましたw)

RG-シナンジュ-仰向けで足首を寝かしている
RG-シナンジュ-仰向けで足首を起こしている

各部分展開ギミック

前腕部装甲が展開し、ビームトンファー形態を再現可能。
ただ、ビームサーベル状態とは別パーツとなっています。

RG-シナンジュ-ビームトンファー射出状態

背部のスラスタ―は縦軸と横軸に可動軸が設けられており、かなりフレキシブルに動きます。
HGUC シナンジュとの最大の違いは、このバックパックの展開ギミックですね。
HGUCのシナンジュでは、スラスター部分が中途半端な展開しかできませんでしたが、このRGではアニメ以上の展開ギミックが備わっています。
展開した状態での、このRG シナンジュはポロリのストレスを忘れさせてくれるほど、惚れ惚れします!

RG-シナンジュ-バックパック

更に、脚部に付いている左右のスラスターも展開し、内部のスラスターが見えるようになります。
肩の装甲も展開可能です。

頭部の上部装甲を外す事で、モノアイを動かす事ができます。

RG-シナンジュの頭部の内部構造

ただ、動かしても、あまり目立ちませんが...

RG-シナンジュ 頭部の内部構造とモノアイの動き02
RG-シナンジュ 頭部の内部構造とモノアイの動き

付属パーツ

パーツ一覧

武器パーツ
・ビームライフル
・シールド
・ビームサーベル柄×2
・ビームアックス×2

手首パーツ
・ライフル・サーベル用手首×2
・平手×1
・可動手首×2

エフェクトパーツ
・ビームサーベル×2
・ビームアックス各2種×2

RG-シナンジュの付属パーツセット

武器携帯

シールドの裏のビームアックス展開ギミックです。

RG-シナンジュ-ビームトマホーク装備
RG-シナンジュ-ビームトマホーク携帯で戦闘中 (ブレ演出)

Gallery

最後にシナンジュのポージングをギャラリーで見せていきます。

※ 右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※ マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

以上、RG シナンジュでした。
出来自体は非常に素晴らしいものです。ただ、ポロリが激しいです。
とは言え、このRGシリーズは遊ぶというよりも、よく動く展示品と言った趣が強いため仕方のない仕様かもしれましん。
ただ、それでもポロリ対策はして欲しかったです。

Sponsored Link