ROBOT魂 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ <SIDE MS> Ξガンダム-ミサイルポッド装備 (マーキングプラスVer・)

ROBOT魂 クスィーガンダム ビームサーベル2刀流

今回は、ROBOT魂 クスィーガンダム (機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ)の紹介をしたいと思います。

Sponsored Link

クスィーガンダムについて

機体スペック

ROBOT魂 クスィーガンダム 斜め立ち
型式番号 RX-105
所属 反地球連邦政府組織 (マフティー)
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態 試作機
全高 28,0m
本体重量 32,0t
全備重量 80,0t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 3,980kW
パイロット マフティー・ナビーユ・エリン (ハサウェイ・ノア)

クスィーガンダムとは

この、クスィーガンダムとは小説の機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイに登場した機体です。
閃光のハサウェイにおいて、反地球連邦軍組織マフティーのリーダーであるマフティー・ナビーユエリンことハサウェイ・ノアの搭乗する機体として登場しました。
今までMAや戦艦などの巨大なものにしか搭載できなかったミノフスキークラフトという反重力システムを、MSとしては初めて搭載しました。
単独で空を飛べるMSは今までも存在しましたが、変形によって飛行形態に変化するか、またはMS形態を維持できたとしてもスラスターによって力ずくで機体を浮かせて空を飛ばすものでした。
そして、空を飛べると言ってもその飛行速度は航空機には遠く及ばないものでした。
しかし、このクスィーガンダムはミノフスキークラフトの搭載によって、MS形態のまま飛行できるだけに留まらず、その速度を戦闘機に匹敵するマッハ2まで到達させることが出来る初めてのMSとして誕生しました。
地上においてファンネルに準拠するサイコミュ兵器、思考性追尾兵器であるファンネルミサイルを操る事が出来るのも、大きな特徴と言えるでしょう。
機体前面にビームバリアを張り、空気抵抗を軽減しながら高速で移動し、MSの火力を有しながら、更にファンネルミサイルまで使用できる本機に対抗できるMSは、当時においてクスィーガンダムのプロトタイプとも言えるペーネロペーを除いては皆無だったと言えました。
地球連邦軍と大きな戦力差のあるマフティーが、その連邦軍に引けをとらない戦いをできたのは、ひとえに本機による圧倒的な性能によるところが大きかったでしょう。
機体の名称は、νガンダムの「ν」の文字の次のギリシア文字であるΞ(クスィー)からとられています。そのことから、本機がνガンダムの後継機であることが伺えます。
まあ、ユニコーンガンダムという作品が間に入ってしまったため、直接の後継機と言えるかは微妙になってしまいましたが。
まあ、元々は小説版 逆襲のシャアの続編として制作されていることや、ユニコーンガンダムが後付け的な作品であるため、矛盾が生じるのは仕方ないような気もします。
今回は、小説作品出自のガンダムであるクスィーガンダムのROBOT魂を紹介したいと思います。

全身フォルム

フロント・リア

ROBOT魂 クスィーガンダム 正面全身 ROBOT魂 クスィーガンダム 背面全身

サイド

ROBOT魂 クスィーガンダム 左横正面全身 ROBOT魂 クスィーガンダム 真横正面全身

今回は、リニューアルバージョンとなっており、艶消しの塗装処理が全身に施されています。
艶消し塗装が施されているため、以前のROBOT魂 クスィーガンダムよりも渋い印象を受けます。

ヘッドパーツ

フェイス部のアップです。
前に発売されたROBOT魂のクスィーガンダムに比べて鼻部分に当たるスリットの施されている部分は、短くなっており、顔全体が引き締まった表情に見えてカッコよくなったと感じました。
また、V字アンテナは鋭く尖っており、通常のROBOT魂のシリーズよりもシャープな印象を受けました。
ガンダムの対戦ゲームである、エクストリームバーサスのクスィーガンダムの頭部デザインに準拠したデザインとなっており、カラーもそれに準じたカラーリングとなっています。

ROBOT魂 クスィーガンダム 斜めフェイス部分アップ

パーツのエッジ

背部のバインダーとも言えるウイング部分や脚部に下部に備え付けられてある副翼部分は、かなりエッジが効いており、たまに刺さりそうになる場合があります。
ポーズをつける時は、尖ったパーツが折れないように注意して扱わないと怖いです。

ROBOT魂 クスィーガンダム 肘 ウイング部 エッジ確認

リア・アーマーの裏側

リア・アーマーの裏側はミサイルの発射口のモールドが施されています。

ROBOT魂 クスィーガンダム フロントアーマー モールド

可動範囲 (アクション)

トップパーツ (肩、肘、腰)

肩の上がり具合について検証してみましたが、デザイン上もっと上がらないかなと思っていました。
とは言え、ちょっと可動範囲は狭めです。

ROBOT魂 クスィーガンダムの両手平行上げ

肩アーマーが干渉して、腕はここまでしか引き出せませんでした。
ただ、個人的には作中では腕をそこまで動かしているイメージがないので問題ないと思います。

ROBOT魂 クスィーガンダム 肩関節構造紹介

肘は回転軸が設けてあり、前腕部の向きによっては90度近くしか曲がらない場合もあります。
ただ、そのおかげでシールドを所持した状態での表情が付けやすくなりました。

ROBOT魂 クスィーガンダム 肘曲げ
ROBOT魂 クスィーガンダム 肘回転

腰は思った以上に回転します。

ROBOT魂 クスィーガンダム 腰回転

ボトムパーツ (股関節、膝、足首)

足はここまで開く事ができます。

ROBOT魂 クスィーガンダム 開脚

いつも通り正座可能!
ただ、片膝立ちは難しいですね。

ROBOT魂 クスィーガンダム 正座 ROBOT魂 クスィーガンダム 片膝立ち

足首の可動は、少し狭めです。

ROBOT魂 クスィーガンダム 足首可動

ギミック (バックパック、各種ミサイルハッチ部分の開閉etc...)

ウイング部分や、サーベルラックの可動です。

ROBOT魂 クスィーガンダム ウイング サーベルラック可動

ミサイルハッチの開閉。
ミサイルの発射口のモールドが裏側にきちんと施されており、膝裏の部分も同様の処置が施されています。

ROBOT魂 クスィーガンダム 肘裏モールド
ROBOT魂 クスィーガンダム 肘・膝装甲展開

肩部メガ粒子砲発射!まさかのZZガンダムのハイメガキャノンに匹敵すると聞いたことがあります。
本当なら、出力が高すぎる!

ROBOT魂 クスィーガンダム ビームキャノン展開

付属パーツ

パーツ一覧

新たに、ミサイルポッドと専用の台座、ポッド用の支柱が付属します。
ファンネルミサイルは相変わらず置くだけです。いつも思うのですが、何か飛行させるための支柱を付けてほしいです。

・本体
・交換用手首左右各3種
・ビーム・ライフル
・シールド
・ビーム・サーベルパーツ×2
・ファンネル・ミサイル×2
・専用台座
・ミサイル・ポッドユニット

ROBOT魂-クスィーガンダム-パーツセット01
ROBOT魂-クスィーガンダム-パーツセット02

武器携帯

ビームライフルを携帯して。

ROBOT魂 クスィーガンダム ビームライフル携帯

ビームサーベルでの戦闘。デザイン上あまり肩回りは動きません。
全塗装なので、擦れによる傷がつきそうで、少し動かすのが怖いです。ペーネロペーのように未塗装のバージョンも発売し方が良かったように思います。

ROBOT魂 クスィーガンダム ビームサーベル抜刀

ミサイルポッド装着。
専用の支柱のおかげで、ポッドをつけても自然に飛行形態を維持することができます。

ROBOT魂 クスィーガンダム ミサイルポッド装着 01
ROBOT魂 クスィーガンダム ミサイルポッド装着 02

先端は、クスィーガンダムの足先のようなデザインになっています。

ROBOT魂 クスィーガンダム ミサイルポッド 先端

他機体との比較

マスターグレードのシャア専用ザクと比較

僕がオリジナルカラーに塗装したため、シャア専用の欠片も無くなったマスターグレードの1/100サイズであるシャア専用ザクとの比較ですw
Ka-signatureは全ておよそ1/144サイズに統一しています。なので、隣のマスターグレードのシャア専用ザクと比べると、如何に本機が巨大であるか解ると思います。

ROBOT魂 クスィーガンダム MG シャア専用ザクII 比較

ROBOT魂 ウイングガンダムとの比較

平均的なROBOT魂のサイズである、ROBOT魂のウイングガンダムとの比較。
かなり、サイズ差があり迫力があります。

ROBOT魂 クスィーガンダム ROBOT魂 ウイングガンダム 比較

Gallery

最後にギャラリーで、今回のクスィーガンダムのカッコ良さを伝えることができれば良いかと思います。

※ 右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※ マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

対戦機がペーネロペーしか発売しておらず、また、そのペーネロペーが非常に高額で、なかなか手が出にくい事もあって、並べる機体を用意しにくく少し寂しい感じもします。
プラモデルなどで、グスタフ・カールや、メッサ―を出して欲しいですね。

一世代前とも言えるユニコーンガンダムにはサイコフレームが搭載されていますが、クスィーガンダムにサイコフレームが積んであるのかは不明です。どちらが強いのでしょう?
話は変わりますが、スーパーロボット大戦Vに登場するみたいですね。ユニコーンガンダムやニューガンダムとの共演が楽しみです。

以上、ROBOT魂 クスィーガンダムのレビューでした。
クスィーガンダムが発売されること自体がほぼない現状で、まさかの1/144サイズでの発売は驚きました。
大きすぎてコレクションサイズとしては戸惑う人もいるかもしれませんが、1/144で他の機体とサイズを合わせられるようにしてくれたことは、個人的には嬉しいですね。
ただ、ペーネロペーと合わせて非常に高額なのがネックだと思います。まあ、この出来上がりと大きさでは仕方のない事かと思いますが。

今回のレビューはここまでです!
次回をお楽しみに!

Sponsored Link