ROBOT魂 新機動戦記ガンダムW <SIDE MS> ウイングガンダムゼロ

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ ファイナルシューティング

今回は、ROBOT魂 ウイングガンダムゼロの紹介をしていきたいと思います。

Sponsored Link

ウイングガンダムゼロについて

機体スペック

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 素立ち
型式番号 XXXG-00W0
建造 カトル・ラバーバ・ウィナー
生産形態 試作機
頭頂高 16,7m
本体重量 8,0t
装甲材質 ガンダニュウム合金
アビリティレベル ファイティングアビリティ:レベル150 ウエポンズアビリティ:レベル150 スピードアビリティ:レベル160 パワーアビリティ:レベル140 アーマードアビリティ:レベル140
パイロット ヒイロ・ユイ

ウイングガンダムゼロとは

このウイングガンダムゼロは新機動戦記ガンダムWの世界で初めて作られたガンダムであり、オペレーション・メテオにおいて降下した5機のガンダムの原型機となっています。そして全てのガンダムのプロトタイプでありながら、現存する全てのガンダムを上回る性能を持っています。
しかし、あまりの火力やコックピットシステムの危険性、さらに設計された当時では製造不可能であった事から、実際劇中に登場するまで製造される事はありませんでした。
このウイングガンダムゼロの危険性からオペレーション・メテオにおいて降下したガンダムは、全ての原型機であるウイングガンダムゼロの性能を小分けにして特化させ、大幅に性能をデチューンして開発・建造されました。

後期主人公機でありながら、全てのガンダムの原型という今までのガンダム作品の中では非常に珍しい立ち位置の主人公機として登場し、また登場初期は主人公の敵として登場するということも、それまでのガンダム作品の中では初めてで珍しかったと思います。 今回は、そんなガンダム作品の中では異例とも言えるウイングガンダムゼロのROBOT魂を紹介したいと思います。

全身フォルム

フロント・リア

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 正面全身 ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 背面全身

サイド

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 左横全身 ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 右横全身

スタイルもよくカッコいいのですが、ROBOT魂版のテレビ版ウイングガンダム系は、頭が少し大きくなってしまうのが特徴のような気がします。

ヘッドパーツ

それなりに造形はシャープですが、ちょっとV字アンテナが丸い感じがします。
頭部のデザインはHGAC版の方が、テレビアニメのデザインに似ていると思います。
ROBOT魂はどちらかと言えば大河原 邦男氏の設定画に近い感じがしますね。ただ、どちらも悪くはないので、これは好みの問題と思います。

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 上半身アップ

足裏バーニア

足の裏側のバーニアも再現されています。

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 足裏バーニア

可動範囲 (アクション)

トップパーツ (肩、肘、腰)

肩は水平に上がります。また、腕全体のせり出しも可能です。本当にウイングガンダムシリーズのROBOT魂は可動も出来上がりも素晴らしいです。

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 両手平行上げ
ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 肩関節

肘もいつも通り折りたたむ事が可能です。

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 肘曲げ

腰は変形を前提とした構造のため1回転可能です。

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 腰回転

ボトムパーツ (股関節、膝、足首)

いつものROBOT魂のように開脚は可能です。またロール軸が付いているため、足をかなり外側へ向ける事が可能です。

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 開脚
ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 股関節

膝は正座可能です。片膝立ちも問題なくできるようになっています。

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 両膝立て ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 片膝立ち

足首の可動範囲です。足の中心部にも可動軸がついています。ただ、設置性自体は高くありません。

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 足首

各種ギミック

ウイング部分はウイング部のブースター部分の付け根に関節があり、さらにウイング基部の付け根にも関節がついており、かなりフレキシブルに動かす事が出来ます。

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ ウイング部分可動02
ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ ウイング部分可動01

肩アーマーのバーニアが収納されている部分は開閉可能です。ただし、サーベル収納部分の開閉機能はオミットされています。
サイズ的に無理だったのでしょうか?

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 左肩バーニア

足首付近の背部アーマーも可動可能です。

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ 後部足首アーマー

付属パーツ

パーツ一覧

武器パーツ
・ツインバスターライフル
・シールド
・ビームサーベル、柄×2
・マシンキャノン×2

手首パーツ
・ライフル用手首×2
・ライフル用手首両手持用×1
・サーベル用手首×2
・別サーベル用手首×1
・平手×2

変形用交換パーツ
・足×2
・腹部×1

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ パーツ一覧

武器携帯

少し古い商品なので、サーベルエフェクトは通常のものが二本付属するのみで、少し寂しいですね。
柄部分は2本付属します。

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ サーベル抜刀

バスターライフルも重さに負けずに構える事が出来ます。

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ ライフル レフト構え
ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ ライフル 正面構え

マシンキャノンの装着。付け替えで再現可能です。

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ マシンキャノン

シールド先端の伸縮機能も再現されています。

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ シールド伸縮

変形は差し替えパーツの使用で再現可能です。これは、MS形態とネオバード形態のデザインを損なわない為の仕様でしょう。 無理に変形させようとすると両方のデザインの良さが損なわれてしまうので、この仕様はありがたいですね。

ROBOT魂 ウイングガンダムゼロ ネオバード携帯01

Gallery

※ 右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※ マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

今回は、ROBOT魂 ウイングガンダムゼロの紹介をさせていただきました。
個人的にエンドレスワルツ版ばかりが発売され、あまりテレビ版ウイングガンダムゼロの発売される機会がなかったので、嬉しいライナップでした。
そろそろガンダムWの量産機としてビルゴ系やトーラスなどを出して欲しいのですが、なかなか出ませんね...orz

Sponsored Link