ROBOT魂 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア <SIDE MS> νガンダム

ROBOT魂 vガンダム-ファンネル発射

今回紹介するのは、ROBOT魂 νガンダムです。

νガンダムと言えばアムロ・レイの最後の愛機です。

HGUCのνガンダムもかなり出来が良かったですが、このROBOT魂のνガンダムもデザインと可動範囲の面において、かなり出来の良いものとなっています。

ただ、ファンネルがポロポロと落ちてしまうのが、非常に残念でした。

ちなみに、v(ブイ)ガンダムに見えますがν(ニュー)ガンダムですw

まずは、本商品レビューの前に、簡単にνガンダムの紹介からしていきたいと思います。
フィギュアのレビューだけを見たいという方は、下記の目次等から見たい箇所へ進んで見ていってもらえたらと思います。

Sponsored Link

νガンダムについて

スペック

ROBOT魂 vガンダム-全身フォルム-スペック用
型式番号 RX-93
所属 地球連邦軍 (ロンド・ベル)
生産形態 試作機
全長 24.2m
頭頂高 22.0m
本体重量 27.9t
全備重量 63.0t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 2,980kW
パイロット アムロ・レイ

νガンダムとは

まず、νガンダムを知らない人の為に簡単にですが説明していきます。

νガンダムとは、機動戦士ガンダム 逆襲のシャアに登場する主人公アムロ・レイの搭乗機です。

3ヶ月という短い期間で作られた本機ですが、当時の最新鋭機であるヤクト・ドーガやα・アジールを圧倒し、シャアが搭乗するサザビーすら撃墜しています。

サイコフレームを搭載することで、既存のモビルスーツを遥かに凌駕する運動性を有し、人間のような動きすら可能とのことです。

機体の特性としては変形機構や内蔵火器を搭載せず、純粋にモビルスーツの基本性能や汎用性を重視した設計を行っています。

最大の特性は、機体の左側へと板状に装着されたフィン・ファンネル(遠隔操作出来る小型ビーム砲)で、攻撃だけでなくビームバリアを展開する事が可能です。

それでは、そろそろROBOT魂 νガンダムのレビューを始めていきます。

全身フォルム

まず最初に、νガンダムの全身フォルムからみていきましょう。

フロント・リア

ROBOT魂 vガンダム-全身フォルム-フロントアングル ROBOT魂 vガンダム-全身フォルム-リアアングル

サイド

ROBOT魂 vガンダム-全身フォルム-レフトアングル ROBOT魂 vガンダム-全身フォルム-ライトアングル

脚部の大きいνガンダム独特デザインを上手く再現しています。
少しスミ入れが太い気がします。

ヘッドパーツ

デュアルアイやオプチカルシーカーは塗装で再現。
顔の造形もνガンダムの特徴を押さえており、悪くありません。

ROBOT魂 vガンダム-フェイス部-フロントアングル ROBOT魂 vガンダム-フェイス部-斜めアングル
ROBOT魂 vガンダム-フェイス部-サイドアングル

可動範囲 (アクション)

次に、νガンダムの可動範囲について見ていきます。

トップパーツ (肩、ヒジ、腰 etc...)

肩関節は引出して可動させる事が可能。

ROBOT魂 vガンダム-肩の可動範囲

ヒジはくの字に曲げる事が出来ます!

ROBOT魂 vガンダム-ヒジの可動

腰を回転させたり反らしたりする動作は、あまり得意ではありませんね・・・

ROBOT魂 vガンダム-腰のヒネり

ヘルメットの構造の問題から、頭部は真横に向けるのが精一杯です。

ROBOT魂 vガンダム-首-左右の可動

劇中の飛行シーンを再現が出来るように、頭部はかなり上へ向ける事が可能!

ROBOT魂 vガンダム-首-上下の可動

ボトムパーツ (股関節、ヒザ、足首)

股関節の可動範囲です。
股関節は八の字に開脚出来ます。脚部の付け根には回転機構が付いており回転させる事が出来ます。

ROBOT魂 vガンダム-股関節の可動範囲

ヒザは二重関節で正座の状態まで折り曲げる事が可能です。

ROBOT魂 vガンダム-ヒザの可動範囲

ファンネルを背負った状態で自立させる為に、足首は可動範囲を高めているだけでなく少し固めに調整されています。

ROBOT魂 vガンダム-足首の可動範囲

各部ギミック

ふくらはぎのバーニアカバーは上下に可動させる事が出来ます。

ROBOT魂 vガンダム-ふくらはぎのスラスター

付属パーツ

パーツ一覧

ROBOT魂 vガンダム-梱包状態 ROBOT魂 vガンダム-ファンネルエフェクト
【武器パーツ】
・ビームライフル
・ニュー・ハイパー・バズーカ
・ビームサーベル 柄
・予備ビームサーベル 柄
・フィン・ファンネル×6
【手首パーツ】
・ビームライフル用手首×2
・ビームサーベル用手首×2
・平手×2
【エフェクトパーツ】
・ファンネルジョイントA×2
・ファンネルジョイントB×3
・ファンネル用支柱×1 (長)
・ファンネル用支柱×2 (短)
・バックパック用魂ステージジョイント
・補助ジョイント
・シールドジョイント
【交換用パーツ】
・ファンネルエフェクト×3
・ビームサーベルエフェクト (大)
・ビームサーベルエフェクト (小)
・ビームサーベルエフェクト (予備)

パーツ数はかなり豊富です。
ファンネル用の支柱やエフェクトまでついており、劇中シーンを再現しやすくなっていますね。

武器携帯

ビームライフルの装備
劇中通り2色に彩色しています。

ROBOT魂 vガンダム-ビームライフルの携帯

ニュー・ハイパー・バズーカで攻撃!
グリップ部分が可動するので、安定して所持させる事が可能。

ROBOT魂 vガンダム-ニュー・ハイパー・バズーカ

ビームサーベルのエフェクトは、ギザギザの造形で躍動感がありますね!

ROBOT魂 vガンダム-ビームサーベル携帯

予備ビームサーベルの取付口は可動するので、サーベルを引き抜くポージングも可能!

ROBOT魂 vガンダム-予備のビームサーベル

予備のビームサーベル

ROBOT魂 vガンダム-予備のビームサーベル抜刀

ファンネルで攻撃!
エフェクトによって躍動感が出ました。

ROBOT魂 vガンダム-ファンネルエフェクトを装着

シールドの裏側です。
ミサイルやビームキャノンがついています。

ROBOT魂 vガンダム-シールドの裏側

GALLERY

最後にレビューの締めくくりとして、ギャラリーにてROBOT魂 νガンダムの激闘を再現します!

※右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

以上、ROBOT魂 νガンダムのレビューでした。

ROBOT魂 vガンダム-外箱

アムロ最後の搭乗機として人気のνガンダムなので、パーツの種類も豊富についてありポーズも決まりやすかったです。

しかし、ファンネルの装着部分の一部が異様に外れやすく、ほんの少し動かしただけで外れてしまうような状態でしたので、かなりストレスが溜まりましたw

この点を改善した新しいバージョンのνガンダムが、ROBOT魂で発売される事を願っています。

Sponsored Link