ROBOT魂 重戦機エルガイム <SIDE HM> ヌーベル・ディザード

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-背景-ヌーベル・ディザード

今回紹介するのは、ROBOT魂 ヌーベル・ディザードです。

ヌーベル・ディザードと名前は付いていますが、ディザード(エルガイムに登場する反乱軍所有のB級ヘビーメタル)とは何の関係もありません。

かなり昔にプラモデルで発売しましたが、現在の技術でROBOT魂シリーズで蘇ったヌーベル・ディザードは比べ物にならないくらいカッコよくなっていました。

バインダーやランドブースターも大きくて迫力があり、良い出来です!

また、今回を商品で説明書に記載はありませんが、永野 護氏が設定した変形機構が備わっています。

まずは、本商品レビューの前に、簡単にヌーベル・ディザードの紹介からしていきたいと思います。
フィギュアのレビューだけを見たいという方は、下記の目次等から見たい箇所へ進んで見ていってもらえたらと思います。

Sponsored Link

ヌーベル・ディザードについて

スペック

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-スペック用
クラス A級ヘビーメタル
所属 反乱軍
フレーム ムーバルフレーム:Mサイズ
動力 電力+ソーラーパワー
頭頂高 19.8mm
重量 24.9t
装甲材質 ジーンプラ (FRPに似たもの)
パイロット ガウ・ハ・レッシー

ヌーベル・ディザードとは

まず、ヌーベル・ディザードを知らない人の為に簡単にですが説明していきます。

ヌーベル・ディザードとは、重戦機エルガイム(TVアニメ)に登場する反乱軍所有のA級ヘビーメタルです。

元ポセイダル13人衆のガウ・ハ・レッシィが搭乗します。

ディザードの名前を関していますが、実は開発系統としては関係がなくエルガイムMk-II(重戦機エルガイムの後期主役機)の原型と言った方が正しいです。

エルガイムMk-IIの改良前の姿であるアモンデュール・スタックの試作機として開発され、反乱軍のガウ・ハ・レッシィに譲渡されてからは、反乱軍のフラグシップの1機として活躍しました。

最後はガストガルの防衛レーザーに撃たれ撃墜され、機体はレッシィによって捨てられる事になります。

それでは、そろそろROBOT魂 ヌーベル・ディザードのレビューを始めていきます。

全身フォルム

まず最初に、ROBOT魂 ヌーベル・ディザードの全身フォルムからみていきましょう。

フロント・リア

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-全身フォルム-フロントアングル ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-全身フォルム-リアアングル

サイド

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-全身フォルム-サイドアングル

全身の色はピンク一色ですが、面構成が複雑なのでそこまで間延びした印象は受けませんでした。
ただ、ほぼ成型色なので少し安っぽい印象はありますね。

ヘッドパーツ

フェイス部は非常に小顔で精巧に出来ておりカッコイイのですが、頭部ヘルメット部分の合せ目に関してかなり目立つのが気になりました。
中央にハッキリと合わせ目が見えます。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-フェイス部-フロントアングル ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-フェイス部-斜めアングル
ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-フェイス部-サイドアングル

可動範囲 (アクション)

次に、可動範囲について見ていきましょう。

トップパーツ (肩、ヒジ、腰 etc...)

肩アーマーを上部へ上げる事が出来るため、腕部を水平に大きく可動させる事が可能です。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-肩の可動範囲

ヒジはデザイン性と可動範囲を両立!

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-ヒジの可動

胸部下と腰の関節によって、より人間らしく腰をヒネる事ができます。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-腰のヒネり

二箇所の関節で上体を大きく反らす事が可能です。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-上体反らし

ヘルメット部分の形状から、左右に大きく曲げると頭部が傾いてしまいます。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-首-左右の可動

首は、ある程度上に向ける事が可能です。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-首-上下の可動

ボトムパーツ (股関節、ヒザ、足首)

股関節の可動範囲です。
あまり開脚範囲は広くありません。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-股関節-開脚

股関節は引出式になっています。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-股関節-アンダーアングル

ヒザは三重関節で90度以上曲げる事が可能です!

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-ヒザの可動範囲

足首は固めに調整されており、転倒防止に役立っています!

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-足首の可動

各部ギミック

ランドブースターはサイドがボールジョイントで接続されており、柔軟に可動。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-ランドブースター可動

隠しギミックとして変形可能!

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-変形

変形状態の裏側です。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-変形-アンダーアングル

腰のカバーを取外してバスターランチャーを取り付ける事ができます。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-バスターランチャー取付口

この突起部分を本体に取り付けます。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-バスターランチャー取付可動部

付属パーツ

パーツ一覧

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-梱包状態
【武器パーツ】
・パワーランチャー (両肩バインダー)
・バスターランチャー
・セイバー & 柄×2
【手首パーツ】
・セイバー用手首×2
・バスターランチャー用手首×1
・バスターランチャー保持用手首×1
・平手×2
【オプションパーツ】
・バスターランチャー用コード

バインダーに付いてあるパワーランチャーだけでなく、バスターランチャーまで付属します!
さらに、劇中をイメージした背景紙が付属。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-背景-死神
ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-背景-ポセイダル像

武器携帯

背景紙を使う事で、こんなイメージシーンを再現可能!

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-背景-エルガイムMk-II

肩部バインダーが可動して、パワーランチャーの方向を自在に変える事ができます。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-ダブルパワーランチャー

セイバーは前腕部から取出し可能!

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-セイバー取出口

セイバーで格闘戦ポーズ

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-セイバー二刀流

バスターランチャーは専用の手首で立てて保持する事が可能です。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-バスターランチャー保持

バスターランチャーを装備して両手で構える事も可能!

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-バスターランチャー構え

持ち手はスライドします。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-バスターランチャースライド機構

GALLERY

最後にレビューの締めくくりとして、ギャラリーにてROBOT魂 ヌーベル・ディザードの戦闘シーンをイメージしてポージングしていきます。

※右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

以上、ROBOT魂 ヌーベル・ディザードのレビューでした。

ROBOT魂 ヌーベル・ディザード-外箱

成型色丸出しの色合いは少し残念な気もしましたが、スタイルは良くバインダーもフレキシブルに動き、可動範囲とデザイン性を両立した良い商品でした!

さらに、アニメにも登場せずデザイナーである永野 護氏の設定だけが存在していた変形機構を、隠しギミックとして採用したのが良かった点ですね。

ここまで良い出来のヘビーメタルを発売したのなら、そろそろオージもこのレベルでROBOT魂シリーズとして発売してほしいです!

Sponsored Link