ROBOT魂 新機動戦記ガンダムW <SIDE MS> ガンダムヘビーアームズ改

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 ガトリング正面構え

本日は、ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改のレビューです!
いきなりTV版ヘビーアームズ改の発売です。正直発売されるとは思っていませんでしたので当初は驚きました。

このガンダムヘビーアームズ改は、ガレージキット以外での立体化は二度目です。一度目はモビルスーツ・イン・アクションでの発売でした。しかし、当時とても満足のいく出来上がりではなかったことを覚えています。今回は、素材やギミックも含めてかなり満足いくものとして発売してくれたのが嬉しかったです。
では、そのガンダムヘビーアームズ改を紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

ガンダムヘビーアームズ改について

機体スペック

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 アーミーナイフ展開
型式番号 XXX-01H
建造 ドクトルS
生産形態 試作機
全高 16,7m
重量 8,2t
装甲材質 ガンダニュウム合金
アビリティレベル ファイティングアビリティ:レベル120 ウエポンズアビリティ:レベル170 スピードアビリティ:レベル120 パワーアビリティ:レベル140 アーマードアビリティ:レベル140
パイロット トロワ・バートン

ガンダムヘビーアームズ改とは

オペレーション・メテオにて降下した5機のガンダムの中で、L3コロニー群の中から降下されたガンダムが、ガンダムヘビーアームズでした。
OZからはガンダム03と呼ばれています。
そんな本機を宇宙空間用に改修し、パワーアップさせたのがガンダムヘビーアームズです。
このヘビーアームズという機体は、主武装のビームガトリングガンを始めとして全身にホーミング・ミサイルやガトリング砲など、ありとあらゆる射撃武器を搭載しています。
近接戦に対応した武器は、刀身の短いガンダニュウム合金製のアーミーナイフ一本で、とことん射撃武器による火力の強化にこだわった機体と言えますね。
これは開発者であるドクトルSが、プロトタイプであるウイングガンダムゼロの火器管制システムの開発を担当をしており、自らが担当した部門をより推し進めた形でこのガンダムを開発したためでしょう。
その火力は戦艦にも匹敵し、圧倒的な火力によって単体で連合やOZの基地を殲滅させる戦いを得意としています。
ただ、戦闘の殆どを遠距離武器に依存している事もあって、弾数が切れた場合の戦力の低下は著しいものと言えました。
しかし実際の劇中の活躍からは、弾切れの際に苦戦しているイメージはありませんでした。
トロワの技量が高すぎてナイフだけでも十分戦えると思ったのは僕だけではないと思いますw

ガンダムヘビーアームズ改の商品化

このガンダムヘビーアームズは、かつて1/144サイズでしか発売されず、その1/144サイズのガンダムヘビーアームズも、脚部マイクロミサイルハッチ開閉機構がオミットされるなど、造形も含めて満足のいくものではありませんでした。
そして改修型のガンダムヘビーアームズ改に関しては、プラモデルで発売することはありませんでした。 その後、脚部マイクロミサイルハッチ開閉機構の付いたガンダムヘビーアームズは、HCM-Proで発売されましたが、1/200サイズとかなり小さいもので、物足りなかったのを覚えています。また、このシリーズでもガンダムヘビーアームズ改の発売は結局ありませんでした。
商品化はガレージキットなどの特殊なキットのみです。
今回のROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改は、コレクションサイズの基本である1/144サイズに大きさが近く、また硬質パーツを使用しているために、各部パーツにエッジが効いており精巧な造りとなっています。
各部のハッチ開閉機構も再現されており、コレクションサイズとしては完全版と言っても過言ではない出来です。
正直、この完成度とサイズで商品化されたことはかなり嬉しかったでです。 それでは、ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改の紹介します。

全身フォルム

フロント・リア

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 正面全身 ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 背面全身

サイド

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 レフトサイド ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 ライトサイド

硬質パーツで構成されているため、昔のモビルスーツ・イン・アクションなどに比べると精巧にできています。

ヘッドパーツ

顔の造形もTVのイメージに近い物に仕上がっています。
ただ、バンダイ商品らしくアンテナは少し丸めですね。

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 上半身アップ

可動範囲 (アクション)

トップパーツ (肩、肘、腰)

肩関節はかなり柔軟で、ここまで上がります。

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 両肩上げ

肩関節もかなり前へと引き出す事ができます。

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 肩関節

肘の曲がり具合です。

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 肘曲げ

腰はほぼ真後ろまで動きます。

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 腰回転

ウイング系ガンダムの中では、ゴツめの機体ですが、他のウイング系ガンダムのROBOT魂と変わらない可動範囲を有していると思います。

ボトムパーツ (股関節、膝)

ガンダムヘビーアームズは空中アクロバティック以外に派手なアクションをするイメージはありませんが、今回のROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改は柔軟性が高く、劇中に無いような派手なポーズも難なくとらせる事が可能です。

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 開脚
ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 正座 ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 片膝立ち

ハッチオープン機能!

脚部マイクロミサイルハッチ解放。このおかげで、全弾発射が再現可能です。

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 脚部マイクロミサイル

付属パーツ

パーツ一覧

・手首、平手など左右各2種
・2連装ビームガトリング×2
・ビームガトリング懸架ジョイント×2
・アーミーナイフ
・スタンド保持用パーツ

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 パーツ一覧

武器携帯

アーミーナイフの装着

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 アーミーナイフ

2連想ビームガトリングガンが二丁付属します。右手のアーミーナイフを取り外して付ける事が可能です。
これで、エンドレスワルツ版をイメージした武装状態にできます。

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 2連想ビームガトリングガン両腕装備

2連想ビームガトリングガンは、専用のジョイントでバックパックに懸架することが可能です。

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 2連想ビームガトリングガン 両肩装備
ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 ガトリング ジョイント部

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズとの比較

プレミアムバンダイから購入できた組み換えパーツによって、ガンダムヘビーアームズ改をガンダムヘビーアームズに組み換えることができます。
こう見ると、ほとんど形は変わりませんね。

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 ヘビーアームズとの比較

一番特徴的な違いが出ているバックパックが付いている背面です。

ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改 バックパック

ギャラリー

※ 右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※ マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

以上、ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改でした。
満足のいく出来ではあったのですが、一般販売がガンダムヘビーアームズ改だけなのと、ガンダムヘビーアームズの再現はプレミアムバンダイの通販限定販売による改造パーツでしかできないのが、非常に残念でした。
比較的ガンダム作品の中では人気のある方で、その主役機体のうちの一機の改造前の状態が通販での期間限定販売でしか入手出来ないと言うのは、少し疑問に思えるところですね。
ガンダムウイングの前期主役機体が、ウイングガンダムを除いて通販限定販売になったのは残念ですね。
できれば、これからはメジャーな主役機体は一般販売にしてほしいです。

以上、ROBOT魂 ガンダムヘビーアームズ改でした。
次回をお楽しみに!

Sponsored Link