ROBOT魂 機動戦士ガンダム <SIDE MS> RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-重装備で突撃(真正面)

今回は、ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.の紹介をしたいと思います。

Sponsored Link

ガンダムについて

機体スペック

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-spec
型式番号 RX-78-2
所属 地球連邦軍
開発者 テム・レイ
生産形態 試作機
頭頂高 18.0m
本体重量 43.4t
全備重量 60.0t
装甲材質 超硬合金ルナ・チタニウム
出力 1,380kW
パイロット アムロ・レイ

RX-78-2 ガンダムとは

RX-78-2 ガンダムとは、アムロ・レイが初めて乗ったガンダムであり、そしてガンダム伝説の始まりとなった機体です。
父親であり、技術者でもあるテム・レイによって開発された本機は、当時の最新技術をつぎ込む事でジオンの作り出したザクを含む様々なモビルスーツを遥かに圧倒する性能を有しました。

ビームライフルとビームサーベルを初めて搭載し、モビルスーツを一撃で破壊する火力は当時のジオンにとって脅威以外の何物でもなかったと思います。
ただ、1年戦争の末期になるとRX-78-2 ガンダム以外の様々なガンダムも登場し、またジムなど量産機も後継機が開発され、更にジオン軍でもビームライフルとビームナギナタを装備したゲルググが登場する等、性能的に有利な面がなくなってきました。
しかし、それでも登場初期は革新的な技術で最強の名を欲しいままにしていたのは事実です。

今回は地球連邦軍の初のモビルスーツで、記念すべきファーストガンダムの商品であるROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.のレビューします。

全身フォルム

まずは全身からフォルムを見ていきましょう。

フロント・リア

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-全身-フロント-斜め下アングル ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-全身-リアアングル

サイド

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-全身-レフトアングル ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-全身-ライトアングル

かなり忠実にRX-78-2 ガンダムのTVアニメ放送当時のデザインを再現しています。
このデザインを再現しながら、ここまでの可動範囲を実現しているのは凄いですね。

ヘッドパーツ

頭部のデュアルアイの下の赤いクマのような部分も色分けされています。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-フェイス部-斜めアングル ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-フェイス部

可動範囲 (アクション)

次は、可動範囲を見ていきましょう。

トップパーツ (肩、ヒジ、腰 etc...)

胴体内部から脇の関節を上部へと引き出すことができます。
この仕組によって、ジオングを撃墜したラストシューティングのポーズを取ることも可能です。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-ラストシューティング(フロントアングル) ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-ラストシューティング(サイドアングル)

肩の関節は胴体のスウィング機構のおかげで人間の行う動作のように、腕部全体を前へと持ってくることができます。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-肩の可動域

なので、ビームサーベルを両手で持つポーズも付ける事ができます。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-ビームサーベル両手持ち

ヒジは90度以上曲げる事ができ、ビームサーベルを抜くポーズが取りやすくなっていますね。
また前腕部は回転機構が付いており、ポーズの幅を広げてくれています。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-肘の可動域

腰は、左右や前後に動きます。
上体反らしも可能です。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-腰の左右の可動域
ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-上体反らし

首は頭部後部の仕組みによって左右のみならず、真上に向ける事が可能です。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-こっちを見ている ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-見上げている

ボトムパーツ (股関節、ヒザ、足首)

股関節は180度の開脚が可能です。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-全開脚

脚部の付け根自体に回転軸も付いています。
また、股関節の付け根にも可動軸が設けられているため、脚部全体を前へ出す事が可能ですね。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-下からの股関節

ヒザの可動範囲です。
ヒザを折り曲げる事が出来るので、ガンダムのCMの合間に流されていたアイキャッチポーズを取ることが出来るようになってます。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-股関節の可動域
ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-CM-Eyecatch02

また前述した股関節の仕組みのおかげで、片ヒザ立ちも余裕にできパイロットの降下シーンの再現も可能です。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-パイロット降下

足首の可動範囲は現在発売されているROBOT魂のシリーズと同様に、可動範囲広くグリグリ動かせます。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-足首起こし
ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-足首伸ばし

本体ギミック

腰部の後ろは武器を取り付ける箇所が存在し、その部分のフタを開ける事で、バズーカを付ける為のパーツを差し込めるようになっています。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-腰部バズーカラック ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-腰部バズーカ装着

付属パーツ

パーツ一覧

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-梱包状態
【武器パーツ】
・ビームライフル
・ハイパーバズーカ
・通常ビームサーベル & 柄×2
・湾曲ビームサーベル & 両手持ち柄×1
・シールド
【手首パーツ】
・ライフル用手首×2
・サーベル用手首x2
・平手 各2種×2
【エフェクトパーツ】
・バルカンエフェクト
・ビームライフルエフェクト
【オプションパーツ】
・手首格納デッキ
・バズーカ腰部ラック
・ライフル用シールドラック
・シールド接続パーツ 各2種

エフェクトも含めて様々なパーツが付属しており、色んなポーズを取らせる事が可能です。

武器携帯

ビームライフルを携帯。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-Lockon(斜めアングル)

ビームライフルのエフェクトが付属します。
このエフェクトはビームサーベルにも取り付ける事が可能です。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-ビームライフル発射エフェクト

ハイパー・バズーカの携帯。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-バズーカLockon
ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-バズーカLockon(リアアングル)

ハイパー・バズーカは腰部の後ろへ装着可能です。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-背部のシールドとバズーカ

シールド携帯。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-シールドでのガード体制

シールドの後ろには、ビームライフルを取り付ける事ができます。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-シールド裏 ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-シールド裏02

ビームサーベルのエフェクトは2種類付属します。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-サーベル違いで二刀流 ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-サーベル違いで二刀流(正面)

バーニアエフェクトは2本しかありません。
足の裏やバックパックに取り付ける事ができますが、やはり取り付け箇所の数に対して物足りないですね。
もっと本数を増やして欲しかったです。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-足裏
ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-足裏バーニア
ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-バックパックのバーニア

ただ、このバーニアエフェクトのおかげで、ポージングの幅は広がりました。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-突撃(右斜めアングル)
ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-突撃(フロントアングル)
ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-重装備で突撃(右横)

バルカンを発射しているシーンのエフェクトも付属します。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-バルカンで牽制 ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-バルカンエフェクト

他機体との比較

RG ガンダムMk-IIとの比較

ROBOT魂ではなく、RG ガンダムMk-IIとの比較ですが、あまりサイズは変わりません。
RGシリーズは全て1/144サイズなので、本商品はおよそ1/144サイズの大きさとなっています。

ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-ガンダムMk-IIとの比較
ROBOT魂-ガンダム-ver.-A.N.I.M.E-ガンダムMk-IIと共闘

GALLERY

では、ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.の魅力をギャラリーにて伝えていきます。

※ 右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※ マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

今回のレビューはここまでです。
今までファーストガンダムことRX-78-2 ガンダムは何度もデザインの変更がなされてきましたが、最初期のデザインを踏襲してROBOT魂で新たに商品化してくるとは思いませんでした。
今の目からすると、あまりカッコイイデザインとは言えないため人によっては全く興味を示さない商品かもしてません。
ただ、私は当時のガンダムの味のあるデザインが実現されて嬉しかったですね。

Sponsored Link