ROBOT魂 機動新世紀ガンダムX <SIDE MS> ガンダムダブルX

ROBOT魂 ガンダムダブルX-サテライトキャノンの斜めアングル

今回はROBOT魂 ガンダムダブルXのレビューをします。
ガンダムX関連のROBOT魂商品化はあまりないので、これを機にどんどん商品化をしてもらいたいですね!

Sponsored Link

ガンダムダブルXについて

機体スペック

ROBOT魂 ガンダムダブルX-斜めアングルのフル装備スペック用
型式番号 GX-9901-DX
所属 フリーデン
生産形態 ワンオフ機
頭頂高 17.0m
重量 7.8t
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
パイロット ガロード・ラン テファ・アディール

ガンダムダブルXとは

知らない人の為にガンダムダブルXをサクッと解説しておきます。商品のレビューだけ見たい方は、目次等から気になる箇所へ進んで見ていって貰えたらと思います。

ガンダムダブルXとは、新地球連邦軍によって開発されたガンダムXの後継機です。
本機はコックピットシステムに大戦時において中破したガンダムXのシステム部分を組み込む事で、ニュータイプが操作しなくともサテライトキャノンを発射出来るようになっています。

その攻撃力はサテライトキャノンを二門搭載したことにより、一撃で多数の敵とコロニーを破壊する事が可能です。
更に、フラッシュシステムにより大戦時において使用されていたGビット(モビルスーツの形をしたビットのこと)の操作も可能で、戦術レベルのみならず、戦略レベルの運用も可能となっています。

このガンダムダブルXは元々、新地球連邦軍が究極の攻撃力を持つモビルスーツとして開発した機体ですが、機動新世紀ガンダムXの主人公であるガロード・ランに奪われてからは、フリーデンの機体として運用されることになります。

自軍の威信と力を回復するために作り出した機体が、対立する集団に奪われて使用されるというのは何とも皮肉な結果ですね。
また奪った集団のリーダーが、かつてガンダムXに搭乗していたニュータイプパイロットなのですから、本当に皮肉としが言い様がないと思います。

今回は新地球連邦軍によって開発され、ガロード・ランの新たなる愛機を商品化したROBOT魂 ガンダムダブルXをレビューします。

全身フォルム

それでは、まずROBOT魂 ガンダムダブルXの全身フォルムをみていきましょう。

フロント・リア

ROBOT魂 ガンダムダブルX-斜めアングル
ROBOT魂 ガンダムダブルX-リアアングル

サイド

ROBOT魂 ガンダムダブルX-サイドアングル

全体的に少しゴツめな印象を受けました。
ガンダムダブルXの特徴であるヒゲの部分も再現されています。 また、胸部サテライトシステムのエネルギー受信部分は、透明パーツで構成されています。 内部には細かいモールドが施されていてカッコイイです。

ヘッドパーツ

デュアルアイはメタリックで塗装されています。
バルカンやアンテナ部分も色分けされており、塗装のハミ出しも無いため出来上がりは良好です。

ROBOT魂 ガンダムダブルX-フェイス部アップの正面アングル
ROBOT魂 ガンダムダブルX-フェイス部アップの斜めアングル

可動範囲 (アクション)

次に、可動範囲について見ていきましょう。

トップパーツ (肩、ヒジ、腰 etc...)

肩関節は現在のROBOT魂とは違い、胴体内部から引き出す仕組みは備わっていません。
なので、他のROBOT魂に比べると可動範囲は狭いです。
また肩アーマーが干渉するため、腕自体もあまり上がりません。

ROBOT魂 ガンダムダブルX-肩の可動範囲

ヒジの可動範囲です。
二重関節になっているので90度以上曲がります。

ROBOT魂 ガンダムダブルX-ヒジの可動範囲

腰は真横に回しても90度も曲がりません。
それほど可動範囲は広く無いですね。

ROBOT魂 ガンダムダブルX-腰の可動範囲

首は頭部のヒゲ部分がエリに干渉するため、左右に動かしづらくなっています。
上下に可動させる分には問題ありません。

ROBOT魂 ガンダムダブルX-首の可動範囲

ボトムパーツ (股関節、ヒザ、足首)

股関節の可動範囲です。
180度開脚とはいきませんが、ポーズをつけるのに支障がない程度には動きます。

ROBOT魂 ガンダムダブルX-股関節の可動範囲

スウィング機構が付いているので、脚部を前へ出しやすくなっています。

ROBOT魂 ガンダムダブルX-股関節の可動範囲アンダーアングル

ヒザの可動範囲です。
ヒザ自体は160度付近まで曲がります。ただし、フロントアーマー干渉で脚部が前へ出ないため、片ヒザ立ちは出来ません。

ROBOT魂 ガンダムダブルX-ヒザの可動範囲

足首の可動範囲です。
足首のアーマーが柔軟に可動するため、フレキシブルに動かす事が可能です。
また足の中央に関節が付いているので、設置性が高くなっています。

ROBOT魂 ガンダムダブルX-足首の可動範囲

各部ギミック

サテライトキャノン部分は差し換え無しで変形できます。

ROBOT魂 ガンダムダブルX-サテライトキャノンの変形

リフレクター部分も差し換え無しで変形可能です。
またリフレクターの可動軸が、バックパックへの取付軸に付いているので、リフレクター部分を回転させて正面に向ける事もできます。
リフレクター部分には、細かい模様も施されているのでカッコイイですね!

ROBOT魂 ガンダムダブルX-サテライトキャノン発射準備
ROBOT魂 ガンダムダブルX-バックパックのリフレクターの変形

サイドの手足についているフィンは、差し換えで変形を再現可能となっています。
なので、動かしている途中でフィンの形が崩れることはありません。
ただし、外れやすいので注意が必要です。

ROBOT魂 ガンダムダブルX-サイドフィンの展開状態

サテライトキャノン展開状態です。

ROBOT魂 ガンダムダブルX-サテライトキャノン発射

付属パーツ

パーツ一覧

ROBOT魂 ガンダムダブルX-梱包状態
【武器パーツ】
・バスターライフル
・ディフェンスプレート
・ハイパービームソード&柄×2
・ツインサテライトキャノン
【手首パーツ】
・バスターライフル用手首×2
・ハイパービームソード用手首×2
・平手×2
・その他手首×2
【交換用パーツ】
・ツインサテライトキャノン交換パーツ

武器携帯

バスターライフル携帯

ROBOT魂 ガンダムダブルX-バスターライフル発射サイドアングル

ハイパービームソード携帯

ROBOT魂 ガンダムダブルX-ハイパービームソード二刀流サイドアングル
ROBOT魂 ガンダムダブルX-ハイパービームソード二刀流の正面アングル

ディフェンスプレート!

ROBOT魂 ガンダムダブルX-シールド前方構え

ディフェンスプレートの裏側です。

ROBOT魂 ガンダムダブルX-シールドの裏側

他機体との比較

ROBOT魂 ガンダムヴァサーゴ・チェストブレイクとの比較

ライバル機であるヴァサーゴとの比較です。
正統派主役機であるガンダムダブルXとのデザインの差が凄いです。
ヴァサーゴの禍々しさが際立ちます!

ROBOT魂 ガンダムダブルX-ROBOT魂 ガンダムヴァサーゴ・チェストブレイクと比較

平成三部作と比較!

やはりTVアニメの放送時期が重なってただけあって、デザインが全て似ていますね。

ROBOT魂 ガンダムダブルX-平成3部作主人公機勢揃い

GALLERY

では、最後にガンダムダブルXのポージングをギャラリーで見ていきます!

※ 右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※ マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

以上、ROBOT魂 ガンダムダブルXのレビューでした。

ROBOT魂 ガンダムダブルX-外箱

ここ最近はガンダムX関連の商品が増えてきたので嬉しいです。
ROBOT魂 ガンダムエアマスターバーストも企画検討されているみたいなので、この調子でガンダムアシュタロン・ハーミットクラブ等も商品化してほしい!

今回のレビューはここまでです。
次回をお楽しみに!

Sponsored Link