ROBOT魂 新機動戦記ガンダムW <SIDE MS> ガンダムデスサイズヘル

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-ヴァイエイト撃墜

今回紹介するのは、ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘルです。

ツインビームサイズの柄は演出用の曲がったタイプが付属しており、戦闘シーンのポージングをより躍動感のあるものへとしてくれました。

付属パーツが充実しているだけでなく、可動範囲も広く色んなポーズが自由に決まります。

あとは、切られ役としてビルゴが発売してくれれば良いのですが・・・w

まずは、本商品レビューの前に、簡単にガンダムデスサイズヘルの紹介からしていきたいと思います。
フィギュアのレビューだけを見たいという方は、下記の目次等から見たい箇所へ進んで見ていってもらえたらと思います。

Sponsored Link

ガンダムデスサイズヘルについて

スペック

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-全身フォルム-スペック用
型式番号 XXXG-01D2
所属 ピースミリオン
生産形態 試作機
全高 16.3m
重量 7.4t
装甲材質 ガンダニュウム合金
アビリティレベル ファイティングアビリティ:レベル150 ウエポンズアビリティ:レベル120 スピードアビリティ:レベル170 パワーアビリティ:レベル120 アーマードアビリティ:レベル140
パイロット デュオ・マックスウェル

ガンダムデスサイズヘルとは

まず、ガンダムデスサイズヘルを知らない人の為に簡単にですが説明していきます。

ガンダムデスサイズヘルとは、新機動戦記ガンダムWに登場するデュオ・マックスウェルの愛機です。

宇宙に飛び立った後にOZによって回収されたガンダムデスサイズは、月面基地にてそれぞれのガンダムを開発した5人の科学者達によって宇宙に対応するための改修を受ける事になります。

宇宙空間の戦闘に対応できるように機動性を強化し、さらに実体弾及びビーム攻撃にすら対応できるアクティブクロークを装備した事で、スピードのみならず弱点でもあった防御面も強化されました。

完成度70%の状態で月面基地を脱出した後、デュオは自力で機体を完成させます。

その後、ミリアルド・ピースクラフトとトレーズ・クシュリナーダがリーダーを務める宇宙軍と地球軍の一大決戦に参加し、そこで当機の強化の際に技術が利用されたヴァイエイトとメリクリウスと戦闘を行いました。

ガンダム並みの性能を誇り、ヒイロ・ユイ(メリクリウス)とトロワ・バートン(ヴァイエイト)のデータがインプットされた無人兵器であるヴァイエイトとメリクリウスですが、デュオの操縦技術とガンダムデスサイズヘルの性能によって撃破されています!

それでは、そろそろROBOT魂 ガンダムデスサイズヘルのレビューを始めていきます。

全身フォルム

まず最初に、ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘルの全身フォルムからみていきましょう。

フロント・リア

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-全身フォルム-フロントアングル ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-全身フォルム-リアアングル

サイド

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-全身フォルム-レフトアングル ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-全身フォルム-ライトアングル

羽根を広げた状態は悪魔や吸血鬼のような雰囲気を醸し出しています!
ROBOT魂 ガンダムデスサイズと比べてみると羽のパーツを除けば、主に腕部や胸部を中心に新規造形が行われています。

ヘッドパーツ

頭部の特徴的なエングレービングは、モールドを施した部分に白い塗装を行う事で再現しています。

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-フェイス部-フロントアングル ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-フェイス部-斜めアングル
ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-フェイス部-サイドアングル

可動範囲 (アクション)

次に、可動範囲について見ていきましょう。

トップパーツ (肩、ヒジ、腰 etc...)

肩は引き出すことで、ビームサイズを自由自在に構える事が出来るほど動きます!

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-肩の可動範囲

ヒジは90度以上に可動し、折り曲げる事も可能。

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-ヒジの可動

腰は45度程度までヒネる事ができます。

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-腰のヒネり

上体反らしは腰部の関節と胸部の下にある関節の2箇所で行います。

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-上体反らし

首の可動範囲です。
エリの装甲の問題からか、斜め45度に向けるのが限界です。

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-首-左右の可動

頭部の上下可動範囲です。

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-首-上下の可動

ボトムパーツ (股関節、ヒザ、足首)

股関節は180度近く開脚が可能!

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-股関節の可動

ヒザ関節は下半身全体の可動範囲の高さも相まって、片ヒザ立ちができます。

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-ヒザの可動範囲

足首は固すぎず緩すぎない関節強度となっており、可動しやすいだけでなく自重で倒れる事も無いようになっています。

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-足首の可動範囲

各部ギミック

バックパックは、バーニアと左右に付いてある突起部分が可動します。

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-バックパックの可動範囲

アクティブクロークは開閉可能なだけでなく可動を妨げないために、またポージングに迫力が付くように可動箇所が複数施されているため柔軟に可動します!

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-アクティブクロークの可動範囲

アクティブクロークを閉めた状態です。
まるで死神のマントのようですね。

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-アクティブクロークを閉じた状態 ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-アクティブクロークを閉じた状態-リアアングル

付属パーツ

パーツ一覧

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-梱包状態
【武器パーツ】
・ツインビームサイズ (ビーム発生基部)
・ツインビームサイズ (直線柄)
・ツインビームサイズ (湾曲柄)
・ツインビームサイズ (収納柄)
・バスターシールド
【手首パーツ】
・ビームサイズ用手首 各2種×2
・平手×2
【エフェクトパーツ】
・ツインビームサイズ用エフェクト×2
・バスターシールド用エフェクト
【エフェクトパーツ】
・ジョイント補助パーツ

持ち手が複数付属し、ツインビームサイズの持ち方を選ぶ事ができます。
曲がったタイプのツインビームサイズの柄も付いてくるので、デスサイズヘルの印象的なサイズを振るポーズも可能!

武器携帯

ツインビームサイズは演出用の曲がったタイプが付属!

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-ツインビームサイズ携帯

ツインビームサイズは柄を収納状態に取り替えて腰部の後ろに取り付ける事が可能。

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-ツインビームサイズ腰部装着

バスタシールドは可動し、ビームエフェクトを取り付けて劇中シーンを再現できます。

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-バスターシールド

他機体との比較

ROBOT魂 アルトロンガンダムとの比較

共に月面基地で強化されたガンダムです。
片方が攻撃を重視した機体で、デスサイズヘルが防御を重視した機体であることが両機のデザインからよく分かります。

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-アルトロンガンダムと比較

GALLERY

最後にレビューの締めくくりとして、ギャラリーにてROBOT魂 ガンダムデスサイズヘルのポージングしていきます。

※右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

以上、ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘルのレビューでした。

ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル-外箱

やはり、ガンダムWのROBOT魂シリーズは非常に出来が良いですね!

ハズレがありません。
ガンダムデスサイズヘルも、おかしなアレンジもなく劇中のアニメイメージ通りのカッコいいデザインでした。

それに、デザイン性だけではなくて非常に可動範囲が広く、2種類のツインビームサイズの柄が付くのもプレイバリューが高くて良かった点ですね!

最近ガンダムWのROBOT魂シリーズが発売していないので、また新作が出て欲しいものです!

Sponsored Link