ROBOT魂 機動戦士ガンダム <SIDE MS> RGM-79 ジム ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-ハイパーバズーカ携帯

今回紹介するのは、ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.です。

ジムと言えば、劇中ではガンダムの量産機として登場し、ガンダムとの共通点がかなり多い機体です。

そのことから、ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.の発売当初よりジムの発売も予想していましたが、やっぱり出ましたw

ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.を基本としているため、かなり動きます。
それだけではなく、造形も地味ながら現代風のスタイリッシュな雰囲気を醸し出したものとなっていますね。

まずは、本商品レビューの前に、簡単にジムの紹介からしていきたいと思います。
フィギュアのレビューだけを見たいという方は、下記の目次等から見たい箇所へ進んで見ていってもらえたらと思います。

Sponsored Link

ジムについて

機体スペック

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-走るジム
型式番号 RGM-79
所属 地球連邦軍
建造場所 ジャブロー
生産形態 量産機
頭頂高 18.0m
本体重量 41.2t
全備重量 58.8t
装甲材質 チタン合金
出力 1,250kW
パイロット シン少尉

ジムとは

まず、ジムを知らない人の為に簡単にですが説明していきます。

ジムとは、ガンダムの量産機として開発されたモビルスーツです。
地球連邦軍はジオン軍が開発した新兵器であるモビルスーツによって、手痛い大打撃を受けました。

その結果を受けて連邦上層部の幹部たちはモビルスーツへの危険性を認識することになります。
そしてV作戦を発動し、ガンダムをプロトタイプとした量産型モビルスーツの開発に着手します。

これらの経緯を経て開発されたのが、RGM-79 ジムです。
ジムはガンダムの簡易生産型とも言える機体であり、決して高性能とは言えない機体でした。
しかし、それでもカタログスペックではザクやドムを上回っており、更に、その圧倒的な生産数でジオンを追い詰めていきました。

ガンダムのような派手さはありませんが、最終的に地球連邦軍を勝利に導いた立役者と言える機体でしょう。

それでは、そろそろROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.のレビューを始めていきます。

全身フォルム

まず最初に、ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.の全身フォルムからみていきましょう。

フロント・リア

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-全身フォルム-フロントアングル ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-全身フォルム-リアアングル

サイド

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-全身フォルム-レフトアングル

ver. A.N.I.M.E.と名付けていますが、アニメ版ジムよりもスタイリッシュなデザインとなっています。
全身に施された細かいモールドが精密さを強調し、カッコイイですね。

ヘッドパーツ

バイザー部分はクリアパーツで再現され、内部メカディテールが施されています。
いつものROBOT魂のように塗装による再現ではありません。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-フェイス部フロントアングル ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-フェイス部斜めアングル
ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-フェイス部サイドアングル

可動範囲 (アクション)

次に、可動範囲について見ていきましょう。

トップパーツ (肩、ヒジ、腰 etc...)

肩の可動範囲です。
肩アーマーごと腕部を上にせり出す機構となっています。
さらに、コックピット付近が可動してサイドの胸を収納する形で、腕部を前へ持ってくる事が可能です。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-肩関節の可動

ヒジはいつも通り二重関節構造で、前腕部に回転軸があります。
なので前腕部に盾を付けて、柔軟に方向を変える事が可能です。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-ヒジの可動

腰は1回転可能。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-腰のヒネり

また、腹部と腰に関節が有ることから、胴体の前後可動も柔軟に行えます。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-上体反らし

首は左右に1回転可能です。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-首-左右の可動

さらに、ver. A.N.I.M.E.独特の関節機構で、頭部を真上に向ける事が可能になっています。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-首-上向きフロントアングル ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-首-上向きリアアングル

ボトムパーツ (股関節、ヒザ、足首)

股関節は180度開脚が可能です。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-股関節の可動-開脚

股関節には、前後のスイング機構も付いています。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-股関節-アンダーアングル

前述した股間節のスイング機構とヒザの柔軟性も相まって、違和感なく片ヒザ立ちのポージングが可能です!
なので、見栄えするモビルスーツの待機状態が再現できます。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-ヒザの可動-片ヒザ立ち

足首はボールジョイントで接続されているのみならず、横にスイングする関節が存在します。
この2つの関節の存在が設置性を高めています。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-足首の可動

付属パーツ

パーツ一覧

武器やエフェクトパーツが豊富に付属します。
特にROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.とは違いバーニアエフェクトが6本付属するため、全てのバーニアにエフェクトパーツを取り付ける事が可能です。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-梱包状態
【武器パーツ】
・ビームスプレーガン
・ハイパーバズーカ
・シールド
・ビームサーベル柄 (小)
・ビームサーベル柄 (大)
【手首パーツ】
・ビームライフル用手首×2
・ビームサーベル用手首×2
・平手 各2種×2
【エフェクトパーツ】
・ビームサーベルエフェクト
・湾曲ビームサーベルエフェクト
・ビームスプレーガンエフェクト
・バーニアエフェクト×6
【オプションパーツ】
・手首格納デッキ
・バズーカマウントジョイント
・ビームスプレーガンマウントジョイント
・シールドジョイント

それと、オマケとしてカスタマイズシールが付いてきます。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-付属シール

武器携帯

ビームサーベル携帯

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-ビームサーベル携帯

湾曲ビームサーベル装備!

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-大型ビームサーベル

ビームスプレーガン携帯!
エフェクトも付いてきます。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-ビームスプレーガン発射

ビームスプレーガンはシールドの裏に取り付ける事が可能です。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-シールドの裏-ビームスプレーガン装着口 ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-シールドの裏-ビームスプレーガン装着

ハイパーバズーカ携帯

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-ハイパーバズーカ発射

腰部の後ろにバズーカの取付口があります。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-ハイパーバズーカ装着

他機体との比較

ROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.との比較

殆ど同じですが、腹部や胸など細部が異なっています。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-ROBOT魂 ガンダム ver. A.N.I.M.E.との比較

可動範囲もほぼ同じ!

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-ダブルラストシューティング

GALLERY

最後にレビューの締めくくりとして、ギャラリーにてROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.のカッコイイところを見せていきますね!

※右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

以上、ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.Eのレビューでした。

ROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.E.-外箱

頭部にクリアパーツを使ったり付属パーツの多さから、凄く豪華なジムでしたw

レトロな雰囲気を出しつつも、スタイルの良さや全身に施されたモールドもあって、スタイリッシュな感じもするカッコいいジムでしたね。

プレバン限定になるかもしれませんが、このROBOT魂 ジム ver. A.N.I.M.Eを原型としてジム・キャノンを発売してほしいです!

Sponsored Link