ROBOT魂 機動戦士ガンダム (MSV) <SIDE MS> RX-78-3 G-3 ガンダム ver.A.N.I.M.E.

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-CMショット02

今回はROBOT魂 RX-78-3 G-3 ガンダムver. A.N.I.M.E.のレビューをしていきたいと思います。

Sponsored Link

G-3 ガンダムについて

機体スペック

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-全身-斜めカット
型式番号 RX-78-3
所属 地球連邦軍
生産形態 試作機
全高 18,0m
本体重量 47,2t
装甲材質 ガンダリウム合金
パイロット アムロ・レイ

G-3 ガンダムとは

このG-3 ガンダムとは、ファーストガンダムにおけるファーストロットシリーズ3機のガンダムのうちの3号機にあたる機体です。またMSVでは、アムロ・レイが乗る2号機のパワーアップ処置であるマグネットコーティングの試験機として運用された機体という設定もあります。
小説版ではアムロの愛機にもなっています。
様々なガンダムゲームにも登場しており、ガンダム2号機の性能向上機として扱われていることが多い機体です。スーパーロボット大戦では、隠し機体として登場し高性能を誇った時がありますが、実際には性能面では2号機と変わり無いとも言われています(諸説あり)。 今回はそんなG-3 ガンダムのROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.のレビューをしていきたいと思います。
ちなみにver. A.N.I.M.E.とは、Action New Imagination Memory Emotionの略だそうです。

全身フォルム

まずは全身から見ていきます。

フロント・リア

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-全身フロントアングル ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-全身リアアングル

サイド

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-全身レフトサイド ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-全身ライトサイド

ヘッドパーツ

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-フェイス部アップ

基本的には前回発売されたROBOT魂 RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.のカラーリング変更機体ではありますが、幾つかG-3 ガンダム特有のマーキングが追加されております。
いつものROBOT魂らしく基本は成形色で色合いを再現しており、肩や膝など一部のパーツに塗装処理を施しています。商品サンプルの写真のように全塗装しているような質感はありません。ただ全身に艶消し処理が施されているので、質感自体は落ち着いた感じの雰囲気となっており、個人的には悪くは感じませんでした。

可動範囲 (アクション)

トップパーツ (肩、肘、腰)

今回は胴体内部から肩の関節を引き出し腕全体を前へせり出すのではなく、コックピット部が前へせり出し、肩そのものが前へ移行することで、腕を前方にせり出す動作を行う事が出来ます。この可動方法の採用で、よりアニメのファーストガンダムに近い動きが表現できるようになりました。

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-両腕水平上げ
ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-両肩アップ

腕はいつものROBOT魂らしく90度以上曲がります。

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-肘の折り曲げ

腰はほぼ1回転します。ちょっと例のブライトのポーズに似ている気がしますw

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-ブライトポーズ

ボトムパーツ (股関節、膝、足首)

今回もほぼ全開脚可能です。

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-股割り

股関節に前後にスイングする機構が施されています。この機構のおかげで、違和感なく片膝立ちが可能です。

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-股間アンダーアングル

脚部は太もも、膝、スネが独立して可動し、正座させることができます。自然に曲げることができ、股関節の構造と相まって片膝立ちも無理なく行うことができました。

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-正座 ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-片膝立ち

足首の可動範囲です。結構グリグリ動き、関節も硬いので設置性は良いです。

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-足首アップ

付属パーツ

パーツ一覧

武器パーツ
・ビームライフル
・ハイパーバズーカ
・通常ビームサーベル & 柄×2
・湾曲ビームサーベル & 両手持ち柄×1
・シールド

手首パーツ
・ライフル用手首×2
・サーベル用手首×2
・平手各2種×2

エフェクトパーツ
・バルカンエフェクト
・ビームライフルエフェクト
・バーニアエフェクト×2

オプションパーツ
・手首格納デッキ
・バズーカ腰部ラック
・ライフル用シールドラック
・シールド接続パーツ各2種

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.Eのパーツ一覧

腰部にバズーカを接続するパーツとシールドにビームライフルを接続するパーツが付属します。また、シールドを本体に保持するためのパーツが2種類付属します。
プレイバリューは多いですが、ここにハイパーハンマーやジャベリン、ナパームが付属してくれると更に良かったですね。

武器携帯

実際にパーツを取り付けてみます。
バルカンエフェクトは意外に柔らかいです。外す時に千切れそうな感じがして破損の心配が少しあります。

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-頭部バルカン02

バズーカ携帯。
バズーカは専用の接続パーツを使用する事で、腰部に取り付けることが可能です。

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-バズーカ Lockon ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-バズーカ携帯-リアアングル

サーベルエフェクトはものすごく長いです。そして、両手持ちの柄は可動範囲のおかげで違和感なく構えられます。
ちなみに、ビームライフル用エフェクトはビームサーベルにも取り付ける事が可能です。

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-ビームサーベル二刀流 ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-ビームサーベルで構えている02

結構有名なポーズですが、これを再現できる市販のガンダムアイテムは今回が初めてだと思います。

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-CMショット

バーニアエフェクトは2本しかないので、足の裏の4つの穴に全部つけたい場合はRX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.から持ってくる必要があります。どうせなら4つ付けてくれれば良かったのに。

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-足裏スラスターのエフェクト
ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-振り下ろし02(台座付き)

ちなみに、シールドの裏にはライフルを取り付けることが可能です。ただその場合は、手持ち式のシールド保持パーツでしか、ガンダムにシールドを取り付けることができない仕様になっています。

ROBOT魂-G-3-ガンダム-ver-A.N.I.M.E-盾でガード(台座付き)

Gallery

レビューの締めくくりとして、武器を取り付けてのポージングなどをギャラリーにてお見せしていきます。

※ 右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※ マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

以上、ROBOT魂 機動戦士ガンダム (MSV) <SIDE MS> RX-78-3 G-3 ガンダム ver.A.N.I.M.E.のレビューでした。
ファースト初期の絵柄を再現しようとしているので、デザインに関しては好みが分かれるとは思います。
けれども、個人的には昔の味を出しつつ現代的なカッコよさもミックスされた感じで私は好きですね。

それでは、今回はここまでにします。
次回のレビューでお会いしましょう!

Sponsored Link