ROBOT魂 Ka signature ガンダム・センチネル <SIDE MS> EWAC ネロ

ROBOT魂 EWACネロ-山越カメラで偵察

今回紹介するのは、ROBOT魂 EWAC ネロです。

アイザックに続く巨大頭部偵察機ですw

ガンダム・センチネルでも少ししか登場せずあっという間に撃墜され、その後登場しないようなマイナー機ですが、まさか立体化されるとは!

背部の情報量が多い複雑な構成面も忠実に再現している上に、山越カメラもリード線を使う事で再現可能となっております。

デザインや設定的にも、恐らく機動戦士ガンダムUCに登場したEWAC ジェガンの原型になった機体だと思います。

まずは、本商品レビューの前に、簡単にEWAC ネロの紹介からしていきたいと思います。
フィギュアのレビューだけを見たいという方は、下記の目次等から見たい箇所へ進んで見ていってもらえたらと思います。

Sponsored Link

EWAC ネロについて

スペック

ROBOT魂 EWACネロ-全身フォルム-スペック用
型式番号 MSA-007E
所属 地球連邦軍
生産形態 量産機
全長 22.03m
頭頂高 21.32m
本体重量 43.6t
全備重量 79.2t
装甲材質 ガンダリウムγコンポジット
出力 1,650kW

EWAC ネロとは

まず、EWAC ネロを知らない人の為に簡単にですが説明していきます。

EWAC ネロとは、ガンダム・センチネル(模型誌掲載小説)に登場するネロの偵察機仕様です。

頭部に一体化したEWAC用の装備を装着し、緊急時に得られたデータを射出するポッドが背面に搭載されています。

劇中ではペズンの反乱に対して偵察を行い撃墜されました。
しかし、撃墜前に採取したデータをポッドで射出して送り届けています。

それでは、そろそろROBOT魂 EWAC ネロのレビューを始めていきます。

全身フォルム

まず最初に、ROBOT魂 EWAC ネロの全身フォルムからみていきましょう。

フロント・リア

ROBOT魂 EWACネロ-全身フォルム-フロントアングル ROBOT魂 EWACネロ-全身フォルム-リアアングル

サイド

ROBOT魂 EWACネロ-全身フォルム-レフトアングル ROBOT魂 EWACネロ-全身フォルム-ライトアングル

巨大な頭部の複雑な形状をかなり精巧に再現しています。
データポッドの造形もかなり細かく作り込まれていますね。

ヘッドパーツ

カメラアイはクリアパーツの裏側からメタリック塗装が施されているので、カメラのリアルな光沢を表現すると共に色剥げの心配もありません。

ROBOT魂 EWACネロ-フェイス部-フロントアングル ROBOT魂 EWACネロ-フェイス部-斜めアングル
ROBOT魂 EWACネロ-フェイス部-サイドアングル

各部ディテール

頭部は分離可能です!
かなり前のめりに付いています。

ROBOT魂 EWACネロ-頭部の黒いU字ライン

後部にバックパック取付口があります。

ROBOT魂 EWACネロ-バックパックの取付部

円形状のレドームはかなり複雑な形状していますが、精巧に仕上げられています。
塗装に関してもハミ出しなどなくキレイです。

ROBOT魂 EWACネロ-右肩の円状レドーム

頭頂部の黒いライン部分は、クリアパーツの下から黒を塗ってあるため塗装の剥がれを心配する必要がありません。

ROBOT魂 EWACネロ-頭部の黒いU字ライン

バックパックのスラスター付プロペラントタンクは可動します。
細長い突起状のパーツは、ボールジョイントで接続されているので少し可動します。

ROBOT魂 EWACネロ-バックパックのディテール

脚部の裏側にはプロペラントを取り付け可能!

ROBOT魂 EWACネロ-脚部のプロペラントタンク

可動範囲 (アクション)

次に、可動範囲について見ていきましょう。

トップパーツ (肩、ヒジ、腰 etc...)

ネロ自体の可動範囲は広いですが、頭部のパーツが干渉して腕を水平に上げる事は出来ませんでした。

ROBOT魂 EWACネロ-肩の可動

ヒジの可動範囲です。
ROBOT魂恒例の二重関節構造で、折りたたみ可能!

ROBOT魂 EWACネロ-ヒジの可動

腰はかなり深くヒネりを入れる事が可能です。

ROBOT魂 EWACネロ-腰のヒネり

胸部下にも関節があるため、人間らしく上体を反らす事が出来ます。

ROBOT魂 EWACネロ-上体反らし

ボトムパーツ (股関節、ヒザ、足首)

股関節は180度開脚が可能。

ROBOT魂 EWACネロ-股関節-開脚

ヒザは正座させる事が出来ます。

ROBOT魂 EWACネロ-ヒザの可動

足首の可動範囲は普通ですが、巨大な頭部を支える為に固めに調整されています。
なので自立可能です。

ROBOT魂 EWACネロ-足首の可動

付属パーツ

パーツ一覧

ROBOT魂 EWACネロ-梱包状態 ROBOT魂 EWACネロ-シール
【武器パーツ】
・手持ち山越カメラ収納パーツ
・肩部山越カメラ×3
【手首パーツ】
・山越カメラ用手首×2
・平手 各種×2
【オプションパーツ】
・脚部プロペラントタンク×2
・山越カメラ用ケーブル×3

マーキングシールが付属!

武器携帯

山越えカメラはリード線に付けて射出状態を再現できます。

ROBOT魂 EWACネロ-山越カメラ全発射

他機体との比較

他のネロシリーズとの比較

共通のパーツが多いにもかかわらず、頭部の形状や装備しているものなどから、他のネロに比べるとかなり異形な機体です。

ROBOT魂 EWACネロ-全ネロシリーズ比較

GALLERY

最後にレビューの締めくくりとして、ギャラリーにてROBOT魂 EWAC ネロという偵察機の渋い活躍シーンを思い起こして表現していきます!

※右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

以上、EWAC ネロのレビューでした。

ROBOT魂 EWACネロ-外箱

かなりマイナーな機体ですが、手抜きは一切ありません。
各パーツも精巧に造形しており、むしろモデル・グラフィックスという模型雑誌に掲載されていた物よりも良い仕上がりをしています。

しかし、ネロ自体が物凄くマイナーな機体なのに、その全てバリエーション機が発売されるとは思いませんでした。

こうなれば、ガンダム・センチネル関連の機体を全て発売してほしいものです。
個人的にはゼク・ツヴァイを発売してほしいですね!

Sponsored Link