ROBOT魂 重戦機エルガイム <SIDE HM> アシュラ・テンプル

ROBOT魂 アシュラテンプル-KV用

今回紹介するのは、ROBOT魂 アシュラ・テンプルです。

アシュラ・テンプルは重戦機エルガイム(TVアニメ)に登場する機体の中でも個人的にかなり好きな機体で、発売を長年望んでいたHM(ヘビーメタル)です。

商品自体は、TV放送時にプラモデルとして発売されているのですが、如何せん30年以上も前に発売された物であるため、色々厳しい出来上がりと言わざるをえません。

このROBOT魂 アシュラ・テンプルは劇中の造形イメージとギミックをそのまま再現してくれているため、完成度はかなり高いと言えるでしょう!

まずは、本商品レビューの前に、簡単にアシュラ・テンプルの紹介からしていきたいと思います。
フィギュアのレビューだけを見たいという方は、下記の目次等から見たい箇所へ進んで見ていってもらえたらと思います。

Sponsored Link

アシュラ・テンプルについて

スペック

ROBOT魂 アシュラテンプル-全身フォルム-スペック用
クラス A級ヘビーメタル
所属 ポセイダル軍
フレーム ムーバルフレーム:Lサイズ
動力 電力+ソーラーパワー
頭頂高 22.0m
重量 39.7t
装甲材質 ジーンプラ (FRPに似たもの)
パイロット ギャブレット・ギャブレー バーン・ガニア・キラーズ

アシュラ・テンプルとは

まず、アシュラ・テンプルを知らない人の為に簡単にですが説明していきます。

アシュラ・テンプルとは、ブラッド・テンプル25号機をオリジナルとするA級ヘビーメタルです。

4門のパワーランチャーを装着し、ヘビーメタルの中ではかなりの火力を有します。

本機は、背中のサブアームに装備されたサーカスバイダー、両腕のパワーランチャー、そしてリバースボマー(高熱散弾兵器)による圧倒的な攻撃力によってダバ・マイロード(重戦機エルガイムの主人公)を苦しめました。

それでは、そろそろアシュラ・テンプルのレビューを始めていきます。

全身フォルム

まず最初に、アシュラ・テンプルの全身フォルムからみていきましょう。

フロント・リア

ROBOT魂 アシュラテンプル-全身フォルム-スペック用 ROBOT魂 アシュラテンプル-全身フォルム-リアアングル

サイド

ROBOT魂 アシュラテンプル-全身フォルム-サイドアングル

全身の特徴的なピンク色は塗装ではなく、成型色で再現されています。

ヘッドパーツ

頭部の額部分に付いてある球状パーツは、塗装で再現。

ROBOT魂 アシュラテンプル-フェイス部-フロントアングル ROBOT魂 アシュラテンプル-フェイス部-斜めアングル
ROBOT魂 アシュラテンプル-フェイス部-サイドアングル

可動範囲 (アクション)

次に、可動範囲について見ていきましょう。

トップパーツ (肩、ヒジ、腰 etc...)

肩関節はせり出し機構が施されており、腕部を胸の前へ大きく可動させる事が出来ます。

ROBOT魂 アシュラテンプル-肩関節の可動

ヒジの可動範囲です。
ヒジは深く折り曲げる事が可能ですが、曲げている最中にチューブが抜けてしまう事が多いので注意して下さい。

ROBOT魂 アシュラテンプル-ヒジの可動

腰と腹部にボールジョイントが施されているため、腰部付近の可動範囲は柔軟性が高めとなっています。

ROBOT魂 アシュラテンプル-腰のヒネり

首の可動範囲です。
左右の可動範囲は特に問題ありません。

ROBOT魂 アシュラテンプル-首の可動-左右の可動

しかし、上下の可動に関しては首の造形の問題もあってか、それほど大きく可動させる事は出来ませんでした。

ROBOT魂 アシュラテンプル-首の可動-上下の可動

ボトムパーツ (股関節、ヒザ、足首)

股関節の可動範囲は、あまり広くはありませんね。
ただ、本機は派手に足を開くような機体では無いので、ポージングに問題ないと思います!

ROBOT魂 アシュラテンプル-股関節の可動-開脚

ヒザはエネルギーチューブの弾力に負けずに曲げる事が可能です。

ROBOT魂 アシュラテンプル-ヒザの可動

また、ヒザの柔軟性とフロントアーマーの干渉がほとんど無いことから、片ヒザ立ちがカッコ良く決まります!!

ROBOT魂 アシュラテンプル-片ヒザ立ち

足首から先のパーツは、つま先及びカカト部分がそれぞれ独立して可動!

ROBOT魂 アシュラテンプル-足首の可動

各部ギミック

脚部の側面のランダムストレート部分は劇中同様に展開ギミックを再現しています。 内部には、開いた部分を支える為の棒状のパーツも付属。
ただ、棒状のパーツは外れやすいので注意して下さい。

ROBOT魂 アシュラテンプル-ランダムストレート開閉

サーカスバイダー部分は、かなりフレキシブルに可動させる事が可能です。

ROBOT魂 アシュラテンプル-サーカスバイダー可動
ROBOT魂 アシュラテンプル-背部パワーランチャー ROBOT魂 アシュラテンプル-背部パワーランチャーの裏側

バックパックの板状のパーツは、それぞれ独立して可動します。

ROBOT魂 アシュラテンプル-バックパックの可動

付属パーツ

パーツ一覧

ROBOT魂 アシュラテンプル-梱包状態
【武器パーツ】
・パワーランチャー×2
・サーカスバイダー×2
・セイバー & 柄×1
【手首パーツ】
・サーカスバイダー持ち手用手首×2
・セイバー用手首×2
・平手×2
オプションパーツ
・パワーランチャーケーブル×2
・スタンド取付け用パーツ

武器携帯

パワーランチャー装着

ROBOT魂 アシュラテンプル-パワーランチャー装着

パワーランチャーのコードはシッカリ取り付ける事が出来るので、ポーズをとる際にポロポロ外れる事はありません。

ROBOT魂 アシュラテンプル-パワーランチャー-腰のコード

サーカスバイダーで攻撃!

ROBOT魂 アシュラテンプル-背部パワーランチャー発射

サーカスバイダーは手に持たせる事が可能です。

ROBOT魂 アシュラテンプル-背部パワーランチャー両手持ち

セイバーによる格闘戦

ROBOT魂 アシュラテンプル-セイバー携帯

リバースボマーで攻撃!
胸部が開いてリバースボマーでの攻撃ポーズをとることが可能です。

ROBOT魂 アシュラテンプル-リバースボマー

GALLERY

最後にレビューの締めくくりとして、ギャラリーにてROBOT魂 アシュラ・テンプルをカッコよく見せていきますね!

※右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

以上、ROBOT魂 アシュラ・テンプルのレビューでした。

ROBOT魂 アシュラテンプル-外箱

今回、このROBOT魂 アシュラ・テンプルは、現状の立体物としては完成形で有るように思います。

旧プラモデルには無かったリバースボマーの展開機構やランダムストレートの開閉機構など、ギミックに関してもスキが無く本当に完成度の高い商品でした。

エルガイムのシリーズもどんどんROBOT魂で発売されているので、次はオージの発売を期待したいところです!

Sponsored Link