メカアクションシリーズ 機甲界ガリアン アザルトガリアン 重装改

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-ガリアンソードで攻撃

今回紹介するのは、メカアクションシリーズ アザルトガリアン 重装改です。

今は倒産して無くなってしまったCM'Sコーポレーションの商品で、ガリアンの数少な立体物でもあります。

各部のシャープさやアクション性は高いとは言えませんが、当時分離と合体が出来るアザルトガリアンはこの商品以外無かったのではないでしょうか?

去る2017年4月13日にUR都市機構みさと団地で発生した火災によって、装甲騎兵ボトムズや無敵鋼人ダイターン3等のキャラクターデザインで知られている塩山 紀生氏が自宅で亡くなられているのが発見されました。

このアザルトガリアンが登場する機甲界ガリアン(TVアニメ)も、故・塩山 紀生氏がキャラクターデザインを手がけたものです。
脚本は高橋 良輔氏や大河原 邦男氏(メカデザイナー)によって制作された作品です。

かなり装甲騎兵ボトムズ(TVアニメ)に縁の深い作品となっています。

更に、ボトムズだけでなく鎧伝サムライトルーパー(TVアニメ)のキャラクターデザインや、機動戦士Vガンダムの原画にも参加されていました。

他にも機甲戦記ドラグナー、勇者王ガオガイガー等の数々の名作に関わったベテランアニメーターとして知られています。

高橋 良輔氏だけでなく機動戦士ガンダムで有名な富野 由悠季氏とも無敵鋼人ダイターン3でお仕事されており、今も続くロボット物というジャンルを作った偉大な人物と言っても過言ではありません。

塩山 紀夫氏のキャラクターと言えば、線が太く男らしいキャラで印象が強いものでした。
70年代から80年代に放送された硬派よりな作品にはピッタリの画風です。

数々の名作にたずさわり続けた塩山氏が火災によって亡くなられたのは、本当に残念です...

お悔やみ申し上げます。

※以下にこの事故の詳細を記載しておきます。
Yahoo! ニュース「埼玉・三郷団地火災で亡くなった無職男性 人気アニメ「装甲騎兵ボトムズ」のキャラクターデザイナー、塩山紀生さんだった」

それでは気を取り直して、まずはいつもの様に、本商品レビューの前に簡単にですが、アザルトガリアン 重装改の紹介からしていきたいと思います。
フィギュアのレビューだけを見たいという方は、下記の目次等から見たい箇所へ進んで見ていってもらえたらと思います。

Sponsored Link

アザルトガリアン 重装改について

スペック

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-全身フォルム-スペック用
分類 機甲兵
種別 鉄巨人 (パンツァーブレード)
全高 12.48m
本体重量 27.04t
全備重量 35.17t
装甲材質 ガリオネット
動力源 静粒子ジェネレーター×2
最高速度 97km/h
パイロット ジョルディ・ボーダー

アザルトガリアン 重装改とは

まず、アザルトガリアン 重装改を知らない人の為に簡単にですが説明していきます。

アザルトガリアンは反マーダル勢力に属しているジョルディ・ボーダーが搭乗している伝説の赤い機甲兵です。

TV本編8話にて大きなダメージを受けた際に大幅な回収が施され、武装と分離変形機能を追加されガリアンからアザルトガリアンへと改修されました。

もともとガリアンソードしか武装が無かったのを飛装砲や二連重装砲を追加することで、遠距離・空中戦に対応出来るように改修されたのが本機です。

それでは、そろそろアザルトガリアン 重装改のレビューを始めていきます。

全身フォルム

まず最初に、メカアクションシリーズ アザルトガリアン 重装改の全身フォルムからみていきましょう。

フロント・リア

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-全身フォルム-フロントアングル メカアクションシリーズ アザルトガリアン-全身フォルム-リアアングル

サイド

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-全身フォルム-レフトアングル メカアクションシリーズ アザルトガリアン-全身フォルム-ライトアングル

彩色はキレイです。ただし、全体的に丸みを帯びていてシャープさが足りていない感じがします。

ヘッドパーツ

ヘッドパーツの各部分については、全て塗装によって再現されています。
色のハミ出し等もありませんでした。

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-フェイス部-フロントアングル メカアクションシリーズ アザルトガリアン-フェイス部-斜めアングル
メカアクションシリーズ アザルトガリアン-フェイス部-サイドアングル

可動範囲 (アクション)

次に、可動範囲について見ていきましょう。

トップパーツ (肩、ヒジ、腰 etc...)

肩はほとんど開きません。
ヒジはおよそ90度曲げることが可能。また、ヒジ下には回転軸が施されています。

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-肩とヒジの可動

腰は可動範囲は広くありませんが、ボールジョイント接続なので回転させたり反らしたりすることはできます。

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-腰のヒネり

首に関しては左右に360度回転可能。

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-首の可動範囲-左右

上下の可動範囲に関しては、ほぼ無いと思って良いでしょう。ほんの少し上下するだけです。

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-首の可動範囲-上下

ボトムパーツ (股関節、ヒザ、足首)

股関節は軽く開脚できます。
外れやすいので可動させる場合は注意が必要!

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-股関節の可動

ヒザは二重関節ですが、ほぼ直角にしか曲がりません。

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-ヒザの可動

足首はボールジョイント接続なので、あまり動きませんが柔軟性はあります。

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-足首の可動

変形

本商品では上下に分離させて、変形させる事が可能です。

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-飛装改と自走改

飛装改(パンツァーファルコン)モード!

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-飛装改-フロントアングル メカアクションシリーズ アザルトガリアン-飛装改-アンダーアングル

自走改(ストライクヴィーグル)モードに変形!
脚部に取り付ける為のエネルギー供給用コードが付属します。

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-自走改-フロントアングル メカアクションシリーズ アザルトガリアン-自走改-サイドアングル

付属パーツ

パーツ一覧

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-パーツ一覧
【武器パーツ】
・ガリアンソード
・ガリアンソード (ウィップ)
・二連重装砲
・飛装砲
【手首パーツ】
・剣用右手首
・二連重装砲用右手首
・左平手
【交換用パーツ】
・コード

パーツは豊富ですね。変形後の自走改に取り付けるコードまで付属!

武器携帯

二連重装砲を装備!
本体に対してかなりデカイ!

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-二連重装砲携帯

飛装砲は可動させる事が可能。

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-飛装砲

ガリアンソード装備

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-ガリアンソード装備

ガリアンソードは刃の部分をウィップ状のパーツに取り替える事ができます。

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-ガリアンソード (ウィップ)

GALLERY

最後にレビューの締めくくりとして、ギャラリーにてメカアクションシリーズ アザルトガリアン 重装改をカッコよく見せていきましょう!

※右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

以上、メカアクションシリーズ アザルトガリアン 重装改のレビューでした。

メカアクションシリーズ アザルトガリアン-外箱

本商品はアクションフィギュアとして発売されていますが、それほど可動範囲が広いとは言えず各部の精密さも高いとは言えないので、出来が良いとは言えないのかもしれません。

しかし、彩色感は結構良く、最低限劇中の活躍を再現するための武器やパーツも揃っているので、ポージングさせるとTVアニメ本編のイメージを思い起こさせてくれるレベルには仕上がっています!

今回の記事は、塩山 紀夫氏が関わった作品の魅力に少しでも触れる事が出来ればと思い、追悼の意も込めて書きました。

塩山 紀夫氏のご冥福をお祈りします。

Sponsored Link