HGUC 1/144 RGM-79SP ジム・スナイパーII (機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争)

HGUC ジム・スナイパーII ROBOT魂 ザク・デザートタイプ 01

今回は、HGUC ジム・スナイパーIIの紹介をしたいと思います!
立体化の機会に恵まれない本機ですが、やっと、やっと立体化がされた記念すべきなプラモですw
MGの販売もすぐに控えていることですし、その前にこのHGUCのレビューを参考に、MGを買った際の比較にして貰えればと思います。

Sponsored Link

ジム・スナイパーIIについて

機体スペック

HGUC ジム・スナイパーII ライフル両手で構え
型式番号 RGM-79SP
所属 地球連邦軍
生産形態 量産機
頭頂高 18,0m
本体重量 45,0t
全備重量 61,0t
装甲材質 チタン系合金 (一部にルナチタニウム合金使用)
出力 1,390kW
パイロット ラリー・ラドリー アニッシュ・ホフマン

ジム・スナイパーIIとは

ジム・スナイパーIIとは後期生産型ジムである、ジム・コマンドをスナイパー仕様に改良した機体です。
とは言え、決してスナイパー戦に特化している訳ではなく、スナイパー戦もできる汎用機と言った方が近い機体です。
ガンダムの量産機であるジムは、ガンダムから得たデータによって制作されています。
コクピットの操作系のシステムに関しても、ガンダムの実戦データによって得られたデータを元に作られており、どんな新米パイロットが乗り込んでもシステムの補助によって、それなりのパフォーマンスを発揮できる機体でした。
しかし、逆に言えばシステムの補助によって、ある程度のオート性が働くために、ベテランパイロットにとっては、そのオート性が制約となってしまうケースが発生する場合もありました。
また戦時における緊急性から生産性を重視し、予定されていた性能を発揮できなかった事もベテランパイロットの不満を、発生させることになったのでしょう。
当初の予定よりも性能的に劣化し、誰でも無難な操作ができる機体を目指したために、ベテランパイロットにとっては物足りない機体となってしまいました。
そんな現場のベテランパイロット達の不満に答えるために開発されたのが、ジムスナイパーカスタムでした。
ジムの性能を全体的に底上げし、更にパイロット達の個別のカスタマイズに応じれる汎用性を有するこの機体は、数々のエースパイロット達に運用され、大きな戦果を上げていきました。
そして、このジム・スナイパーIIは、そんなジム・スナイパーのコンセプトを引き継ぎつつ後期生産型と言われる、ある意味、前期生産型ジムの完成形とも言われる高性能なジムを改良した事で、カタログスペックにおいてガンダムを凌駕する性能を有する事になりました!
一年戦争時における最高級量産機とも言える当機は、生産数こそ少なかったものの、様々なエースパイロット達に渡され戦果を上げていきました。
ホワイトディンゴ隊や、踊る黒い死神と言われるリド・ウォルフも本気を運用して戦果を上げています。
そんな、一年戦争最強の量産機とも言われるジム・スナイパーIIの初キットである、HGUC ジム・スナイパーIIの紹介をしたいと思います。
ちなみに、一年戦争最強の量産機と言われていますが、初登場のポケットの中の戦争では散々な扱いでした。
むしろ、後発のゲームや外伝で活躍し始め、強いジムというイメージが出てきたかのように思います。
まぁ、登場当初があまりにもカタログスペックに似合わない活躍だったので、見直されたという感じですが。
では、今回のHGUC ジム・スナイパーIIを見ていきます。
ちなみに、今回は軽く塗装しています。

全身フォルム

まず、フロント・リア、両サイドの全てを見ていきましょう。

フロント・リア

HGUC ジム・スナイパーII 正面全身 HGUC ジム・スナイパーII 背後全身

サイド

HGUC ジム・スナイパーII 左横正面 HGUC ジム・スナイパーII 右横正面

ヘッドパーツ

バイザーの開閉機構があり、バイザーの上部カメラレンズはクリアパーツで再現。
その下のセンサーのような部分はシールで再現されています。
ちょっと、頭部が大きいような気がします。
頰のダクトは別パーツで色分けされています。

HGUC ジム・スナイパーII 顔バイザー部分

胴体部の首の一部はシールで色分けされてますが、このシールが取れやすいです。

脚部バーニアのモールド

ジム・スナイパーIIの特徴でもある脚部のパーニアも再現されています。

HGUC ジム・スナイパーII 膝下スラスター HGUC ジム・スナイパーII ふくらはぎのスラスター

可動範囲 (アクション)

トップパーツ (肩、肘、腰)

やはり、最近のHGUC作品なだけあって悪くはないです。
というか、特に大きく動くと言った訳ではなく無難な可動範囲。
HGUC ジム・スナイパーII 両手平行上げ
HGUC ジム・スナイパーII 両肩 関節
HGUC ジム・スナイパーII 肘曲げ HGUC ジム・スナイパーII 腰回転

ボトムパーツ (膝、股)

まずは正座。
一応を正座のようなポーズにはなっています。

HGUC ジム・スナイパーII 正座

ただ、片膝立ちは厳しいです。

HGUC ジム・スナイパーII 片膝立ち
股関節はここまで開きます。
HGUC ジム・スナイパーII 正面開脚

付属パーツ

パーツ一覧

・狙撃用ライフル
・ブルパップ・マシンガン
・ビームサーベル×2
・シールド
・各種手首左右 3種×2
・平手×1
・ドラケンE

HGUC-ジムスナイパーII-パーツ一覧

付属パーツ紹介

75mmスナイパー・ライフルの他に、ブルパップ・マシンガンも付属します。
ドラケンEが付いてくるのがマニアック。
ケンプファーと並べたいです。

武器携帯

先程も言った通り、ブルパップ・マシンガンも付属してくるので、ポケットの中の戦争の一場面も再現できます!
そして、ポケットの中の戦争の劇中には登場しない75mmスナイパー・ライフルを携帯して出撃。

HGUC ジム・スナイパーII ブルパップ・マシンガン携帯 HGUC ジム・スナイパーII 75mmスナイパー・ライフル携帯

ビームサーベルを携帯。左手でも持つことができます。

HGUC ジム・スナイパーII マシンガンとサーベル携帯

他機体とのショット

比較 - ROBOT魂 ジム・スナイパーII

ROBOT魂版のジム・スナイパーIIにサイズ表記はありません。
ただ、HGUC版のジム・スナイパーIIと大きさはほとんど変わりませんでした。
外観は、ROBOT魂版の方が、初期の設定に近いですね。

HGUC ジム・スナイパーII ROBOT魂 ジム・スナイパー 比較

比較 - GFF 量産型ガンキャノン

同じスカーレット隊の機体同士で比較。

HGUC ジム・スナイパーII GFF 量産型ガンキャノン 比較

ギャラリー

※ 右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※ マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

以上、HGUC ジム・スナイパーIIでした。
HGUC独特のアレンジが入っており好みは分かれると思いますが、決して出来が悪い訳ではありません。
何よりプラモデルとしては初めての立体化ですし、コレクションサイズとして安価に手に入るジム・スナイパーIIとしては買いだと思います。
ROBOT魂のジム・スナイパーIIは設定画には近いですが、値段が張りますし、また、スナイパーライフルしか付属しないので遊びの幅も少ないですからね。

という訳で、HGUC ジム・スナイパーIIのレビューでした。
それでは、次回をお楽しみに!

Sponsored Link