HGUC 1/144 AMX-014 ドーベン・ウルフ (機動戦士ガンダムZZ)

HGUC-ドーベン・ウルフ 有線式ハンドビームガン

今回は、このHGUC ドーベン・ウルフの紹介をします。
長年、HGUCでのキット化を待ち望んでいたので発売日にすぐに買いに行った記憶がありますw

Sponsored Link

ドーベン・ウルフについて

機体スペック

HGUC-ドーベン・ウルフ-全身-ビームライフル武装ver
型式番号 AMX-014
所属 ネオ・ジオン
生産形態 量産機
全高 22,0m
本体重量 36,8t
全備重量 74,5t
装甲材質 ガンダリウム・コンポジット
出力 5,250kW
パイロット ラカン・ダカラン スペース・ウルフ隊

ドーベン・ウルフとは

このドーベン・ウルフという機体は、ラカン・ダカラン率いるスペース・ウルフ隊によって運用された量産機として、初めて準サイコミュ兵器であるインコムを搭載した機体です。
インコムはニュータイプ以外の一般兵でもファンネルのようにオールレンジ攻撃ができる強力な兵器ですが、二次元的な動きしかできないのが欠点です。
ただ、一般兵でも使えるというのは、その欠点を補って余りある強力な兵器でした。
同じインコムを搭載する原型機のガンダムMk-Vは、ペズンの反乱の際にエアーズ市攻防戦においてインコムを使用し非常に大きな戦果を上げています。
サイコミュ兵器とはそれほど強力であり、擬似的にでもファンネルに近い兵器を使える事は大きな利点だったのです。

本機は主に、第一次ネオ・ジオン抗争の際にグレミー・トト率いる反ハマーン・カーン一派(グレミー・トト派)によって運用されました。
量産機ではありますが、その操作には一定の技量が必要であり万人が扱える機体とは言えませんでした。
またコストの問題もあったと思われ、生産数もそこまで多くなかったと思います。いわゆるドーベン・ウルフは、エース専用の高級量産機と言えるものでした。
実戦投入された本機は、強力な火力とザクⅢを上回る推力によって、第一次ネオ・ジオン抗争において多大な戦果をあげました。 今回は第一次ネオ・ジオン抗争時において、ある意味最強の量産機とも言えるHGUC ドーベン・ウルフのキットを紹介したいと思います。

全身フォルム

まず、全身をグルッとみて行きましょう。

フロント・リア

HGUC-ドーベン・ウルフ-全身-フロントサイド HGUC-ドーベン・ウルフ-全身-リアサイド

サイド

HGUC-ドーベン・ウルフ-全身-レフトサイド HGUC-ドーベン・ウルフ-全身-ライトサイド

今は手元にはありませんが、旧キット(TV放送時に発売されたドーベン・ウルフのガンプラ)に比べると非常に頭が小さく、足首の可動もスムーズにできるようになっています。
旧キットと違って頭部の上部アーマーはくり抜きされており、モノアイが見えてカッコイイです。
ビームサーベルの射出機構はありません。ビームサーベルは別途付属します。

各部ディティール

肘の赤い部分も、きちんと色分けされています。

HGUC-ドーベン・ウルフ 前に出した左腕

腹部のメガ粒子砲発射口も精巧に出来ています。

HGUC-ドーベン・ウルフ-腹部メガ粒子砲

可動範囲 (アクション)

トップパーツ (肩、肘、腰)

肩の可動範囲です。あまり上がりませんし、前にも動きません。
デザイン的にもこれ以上の可動は難しそうですね。

HGUC-ドーベン・ウルフ-両腕の限界可動域 HGUC-ドーベン・ウルフ-肩関節

肘は90度近く曲がります。
最近のHGUCシリーズにしては、あまり動かない方です。

HGUC-ドーベン・ウルフの肘の折り曲げ具合

腰は1回転して、真後ろまで持っていくことが可能です。

HGUC-ドーベン・ウルフ-上下半身の反転

ボトムパーツ (股関節、膝)

あまり足は開きませんが、足を大きく広げて動くイメージは無いので気にはなりませんでした。
ROBOT魂のガンダムMk-Vも足が開かない点では同じです。デザイン上足を開かせるのが難しいのかもしれませんね。

HGUC-ドーベン・ウルフが開脚

膝はあまり曲がりません。

HGUC-ドーベン・ウルフの両膝立ち

フロントアーマーの干渉が無いので、開脚とは異なり前へはかなり動かしやすいです。
なので、片膝立ちは余裕をもってできます。

HGUC-ドーベン・ウルフ-片膝立ち

各種ギミック

バックパックのギミックです。
ミサイルポッド収納場所は開閉機構が付いています。
また、大型巡航ミサイルも付属しています。これは旧キットには付属していないものでした。

HGUC-ドーベン・ウルフ 12連装ミサイルランチャー HGUC-ドーベン・ウルフ-背部ミサイルの可動

インコム射出状態の再現が可能です。

HGUC-ドーベン・ウルフ-インコム射出段階

付属パーツ

パーツ一覧

武器パーツ
・メガ・ランチャー
・ビームサーベル & 柄×2
・インコム×2
・対艦大型ミサイル×2

手首パーツ
・ライフル用手首×1
・サーベル用手首×2
・ハンドビームガンの手首×2

オプションパーツ
・隠し腕 (左右)
・前腕用のスタンド×2

HGUC-ドーベン・ウルフの付属パーツ一覧

武器携帯

手のひらには、ハンドビーム再現状態の手のひらも付属します。

HGUC-ドーベン・ウルフ 有線式ハンドビームガンにフォーカス

指揮官タイプの隠し腕と、一般兵タイプの有線式ハンドに付け替え可能です。
隠し腕は可動せず。できれば、隠し腕の肘を可動式にして欲しかったですね。

HGUC-ドーベン・ウルフ-フル攻撃

メガランチャー射出状態!
ドーベン・ウルフのビームライフルは先端に開閉機構が備わっています。開閉部分は接着しての選択式だったので、先端の開閉部分が可動するようになったのは嬉しいです。
これでビームライフル形態とランチャー形態の両方を再現できます。
とは言えアニメでは、ほぼランチャー形態で使用されていたイメージが強いですが。

HGUC-ドーベン・ウルフ 喰らえメガランチャー

バックパックのビームキャノン発射状態も難なくとれます。

HGUC-ドーベン・ウルフ-ビームキャノン発射

他機体との比較

ROBOT魂 ガンダムMk-Vとの比較

プロトタイプ機との比較です。
やはりデザインは似てますね。

HGUC-ドーベン・ウルフ-with-Mk-V

ギャラリー

では、最後にギャラリーにてドーベン・ウルフの魅力を伝えていきます!

※ 右下にある拡大ボタンで全画面表示されます。(画像をドラッグして好きな位置に持ってくることもできます。)
※ マウスのスクロールでさらに画像の拡大・縮小ができますので、存分に味わっていただけますw

※ ピンチイン・ピンチアウトで拡大・縮小、スワイプで画像送りができます。

以上、HGUC 1/144 AMX-014 ドーベン・ウルフでした。
HGUCでのキット化を待ち望んでいましたので、この出来でのキットは大変嬉しかったです。

Sponsored Link